おすすめのたこ焼きホットプレート10選!選び方のポイントも解説

おいしいたこ焼きが好きなだけ食べられる、たこ焼き専用ホットプレートをご紹介します。電気を使うたこ焼きプレートの違いは、ホットプレートの形やサイズだけではありません。たこ焼きの大きさや温度調整器、出力の大きさなどもさまざま。選び方のポイントも併せてご紹介します。

2019年4月9日 更新

たこ焼きホットプレートの選び方

たこ焼き専用か兼用か

たこ焼きホットプレートには、たこ焼き専用のものと、鉄板焼きなども楽しめる兼用のものがあります。

基本的に、たこ焼き専用のものはリーズナブルで使い方が簡単。コンパクトサイズのものが多く、子どもといっしょに楽しめます。

たこ焼きプレートが付いたホットプレートは、一度にたくさん焼くことができ、火加減調整や保温機能が付いているものもあります。

熱源の種類

ホットプレートなので熱源は電気式のほか、IH式、カセットガス式などがありますが、多くの商品がコンセントに差し込むだけの電気式。

電気式はスイッチを入れればOKというもののほか、温度調整器が付いたものがあり、焼き上がりや保温にポイントを置きたい場合は温度調整器付きがおすすめです。また、出力の大きさも異なりますので、購入前にチェックしてみましょう。

プレートを選ぶポイント

選ぶ際にはまず、誰とどのように使うのかを考えましょう。子どもといっしょに楽しみながら作りたい、おつまみやお弁当にという時には、コンパクトなたこ焼き専用ホットプレートがおすすめですが、大勢でたこ焼きパーティをしたい、という場合は、汎用性のある大きなホットプレートが便利です。

テーブルの大きさに合うサイズや、収納しやすさのチェクもお忘れなく!

たこ焼き専用ホットプレートのおすすめ5選

1. 山善「たこ焼き器(着脱プレート式)」

ITEM

山善「たこ焼き器(着脱プレート式)」

サイズ:幅36.5×奥行24.5×高さ7.2cm

¥1,990 ※2019年4月4日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
まるっときれいなたこ焼きができる、山善のたこ焼き器です。着脱式のプレートはフッ素加工でくっつきにくく、穴からあふれたタネもきれいに切り離せる串ガイド付き!軽くて穴も大きく使いやすいと定評があります。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう