おしゃれなだけじゃない!「セラミックホットプレート」は機能も充実♪

SNSなどで話題の白いホットプレート。黒くて重いホットプレートの常識をくつがえした、真っ白なプレートに竹製台座の組合せは、もうインテリアの一部になっています。機能面も優れているという、噂のホットプレートを詳しく調べてみました。

2018年4月17日 更新

セラミックホットプレートとは?

セラミックホットプレートの特徴

今までのホットプレートというと、分厚く黒い鉄板と重たくて収納場所に困るイメージでした。ところが最近SNSなどで見かけるのが、木の枠にホワイトのプレートというビジュアルで、今までの印象とは180度違うオシャレなホットプレートです。芸能人がテレビ番組で紹介したり、インスタグラムなどで火がついて、あっという間に人気が広まりました。

では、デザイン以外に、機能面では従来のホットプレートとどんな違いがあるんでしょう。

薄くて軽い!

主なセラミックホットプレートは、プレート+油の受け皿+竹製の台座+コンセントという構成でできています。ですから、今までのホットプレートに比べて薄くて、軽いんです。
今までの厚くて、重たいイメージが一気に払しょくされています。これなら準備や後始末が楽になって、女性にとってもうれしいですよね。

煙が少ない!

プレートが傾斜しているタイプは、焼いている最中に食材から出た余分な油が、プレートに沿って中央の穴から下に落ちる仕組みになっています。油は穴の下の受け皿に落ちるので、油が火元にふれにくいため煙が少ないんです。焼き肉などでモクモク上がる煙は悩みの種。煙が少ないのはありがたい機能ですね。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

leiamama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう