連載

老舗が生んだ極上の旨み。「ロースト牛タン」を味わい尽くす

2016年、京都の老舗「下鴨茶寮」が銀座にオープンした「日本酒バル のまえ」。その公式オンラインショップで人気の「【のまえ】ロースト牛タン」をお取り寄せ!牛タンの旨みを最大限引き出しているとウワサの一品を、丼アレンジのレシピと共にご紹介します。

2019年4月4日 更新

料亭の味わいをお家で楽しめる「ロースト牛タン」

木箱に入ったロースト牛タン肉

Photo by macaroni

2016年、京都の老舗“下鴨茶寮”が銀座にオープンした「日本酒バル のまえ」。ここでは、料亭の技をさりげなく生かした上品な味わいの肴と全国の様々な日本酒を取り揃えているそうです。

公式オンラインショップでは、本来お店でしか味わえない贅沢な料理の数々を販売中。そのなかでも常に人気の「ロースト牛タン」は、贅沢に牛タンの塊肉をじっくり時間をかけてローストした逸品。さっそく取り寄せて、その味わいをご紹介します。

牛タンとは思えない柔らかさ

スレートに盛りつけたスライスしたロースト牛タン

Photo by macaroni

しっかりした作りの木箱に丁寧に2個収められて届いた「ロースト牛タン」。冷蔵庫で6時間ほど解凍して、薄くスライスしました。

断面の鮮やかなロゼ色は、しっかり時間をかけてローストされている証。盛りつけただけで、パッと華やかな存在感です。付属の粉しょうゆと九条ねぎの味噌も添えて、さっそくいただきます。
お箸で持ち上げたロースト牛タン

Photo by macaroni

一枚箸にとり、粉しょうゆをちょっとつけて食べました。ロースト牛タンのほのかに甘い肉の旨みと粉しょうゆのまろやかな塩気と爽やかな柚子の香りを感じます。ふたつの味わいが相まって絶品。噛めば噛むほどロースト牛タンの肉の旨みが染み出るかのように口に広がります。

食感にも驚かされました。なかなか噛みきれないというイメージの強い牛タンですが、それを払拭するほどの柔らかさ。牛タンが苦手な方にもおすすめです。

食べるごとに牛タンの旨みが増す「ロースト牛タン丼」

白い器に入ったロースト牛タン丼の黄身が割れてる

Photo by macaroni

料亭のランチなどで見かける「ロースト牛タン丼」に挑戦!脂の少ないタンに合わせて、まろやかな黄身もトッピング。味つけは付属の粉しょうゆを食べる直前にかけるだけの簡単レシピです。

さっそく黄身を割り、粉しょうゆをかけてひと口いただきました。深い味わいのロースト牛タンに黄身が絡んでごはんとの相性抜群!アクセントに九条ねぎ味噌を添えて食べるとまた違った味わいに。ねぎの甘みと味噌の濃厚な味がより旨みを増します。

贅沢をしたいときに……

木箱とロースト牛タン

Photo by macaroni

やわらかな肉質と豊かな旨みが際立っていた「ロースト牛タン」。付属の粉しょうゆと九条ねぎ味噌が旨みをより一層引き上げていました。こちらの粉しょうゆは、公式オンラインショップでも人気商品のひとつで、単体でも販売中。

豪華な「ロースト牛タン」は、おもてなしのお酒の肴や特別な日のご馳走としてもおすすめです。上品な木箱にロースト牛タンが2つも塊肉で入っているので贈り物にしても喜ばれることでしょう。

商品情報

「【のまえ】ロースト牛タン」
内容:260g
価格:5,400円(税込)
賞味期限:30日(製造日より)
文/小林 萠、写真/田上 大輝 (macaroni編集部)
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_review

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう