油を避けてない?おすすめの油脂と調理法でもっとキレイに!

油=太るイメージの人が多いのではないでしょうか。それは大きな間違いなのです。脂質は糖質、たんぱく質に並ぶ三大栄養素の1つでヒトにとって必要不可欠な栄養素です。これまで使っていた油を見直し、料理に上手に取り入れてみましょう。

2019年5月9日 更新

おすすめの油脂と調理法

アマニ油

αリノレン酸が豊富で、中性脂肪を減らし、便秘対策となる嬉しい効果も期待できます。酸化しやすいので、加熱をせず、生のままドレッシングやディップなどにアレンジするのが向いています。コクがありしっかりとした味わいです。

オリーブ油

LDLコレステロールを下げる効果があり(※1)抗酸化作用のあるオリーブ油は手に入りやすい油の1つ。フレッシュな香りが特徴で、生のまま香りを楽しむためドレッシングやマリネにするのもよし。酸化しにくいのでソテーなど加熱調理もOKなオールマイティに使用できます。

えごま油

αリノレン酸が多く、動脈硬化を防ぎ、血圧を下げてくれる効果(※1)のあるえごま油はシソ科のえごまを絞ったオイル。スッキリとした味わいで、根菜類や青菜類と相性が良いため、スープやドレッシングなど生のままつかうと酸化するのを抑えられます。

ナッツ類

ナッツ類は全般的にLDLコレステロールを減らしたり、内臓を強化してくれる効果があります(※3)とくにオメガ3とオメガ6をバランスよく含んでいるのがくるみです。カロリーは低いとは言えないので、摂りすぎには注意です。

さば・いわし

オメガ3を多く含んでいるさばやいわしなどは缶詰ブームにもなるほど。中性脂肪や動脈硬化など脳梗塞や心筋梗塞などの予防にもなると言われています。(※4)また、美肌や疲労回復などアスリートや女性からも指示されています。
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS