飲めるドライフラワー「グリークマウンテンティー」がギフトにぴったり

女性を中心に人気があるハーブティー。種類によってさまざまな色や香りがあり、リラックス効果が高いことから仕事中や就寝前に飲む人も多いのではないでしょうか。今日は思わず写真を撮りたくなるおしゃれな「グリークマウンテンティー」をご紹介。飲んだり飾ったり、もちろんギフトにも最適です。

2019年3月28日 更新

くつろぎ時間に欠かせないハーブティー

グリークマウンテンティーの中身

Photo by macaroni

皆さん、お茶はお好きですか?

筆者の家にはお茶ボックスがあり、お気に入りのハーブティーやチャイがいつも5~6種類入っています。カルディやスーパー、旅行先などでかわいいデザインの品を見つけるとつい買ってしまい、いつからかお茶集めが小さな趣味になってきました。

今日は、そんな筆者が初めて見つけたちょっと珍しいハーブティー、「グリークマウンテンティー」をご紹介します。
グリークマウンテンティーのパッケージ

Photo by macaroni

「グリークマウンテンティー」は、飲んで飾れるハーブティー。

使われているのは“マウンテンハーブ”というシソ科の多年草ハーブ。ギリシャを中心に古くから健康茶として広く親しまれていて、古代ローマの軍医の著書にも記述があるほど。実はとっても歴史があるお茶なんです。

見た目は完全にドライフラワーで、枝がついた太めの茎が5~6本(10g)入っています。長さは指先から肘くらいまでと結構長め。1パックでたっぷり楽しむことができます。

今回、3つの使い方を試してみました。

1. 一人分をグラスで飲む

透明のグラスと湯沸しポット

Photo by macaroni

「グリークマウンテンティー」は、ポットで茶葉を煮出す必要がありません。必要な分だけパキッと折ってグラスやティーカップに入れ、そこにお湯を注ぐだけ。じわじわと香りや色が染み出てきます。

茎状なので、グラスの中で葉が散らばって飲むと口に入ってくる、なんてこともありません。ひとりでサッとお茶を楽しむことができ、洗い物もグラスだけ。手軽でいいですね。

香りは良い意味で特徴がなく飲みやすいもの。ハイビスカスのような酸味もなければ、ルイボスのような甘さもありません。ジャスミンに少しレモングラスを加えたような爽やかさで、食事のときにも飲めそう。

2. ポットでみんなで飲む

大瓶に入れたお茶と透明グラス2つ

Photo by macaroni

来客があったときは、ポットや瓶で煮出してみんなで分けてどうぞ。

瓶にまとめて数本入れると、見た目のインパクトも出ます。まるでお花を飾っているみたいできれい!家にあるポットや瓶とサイズが合わなくても、手でパキッと折って調整すれば大丈夫です。

飲んだあとは乾かして、ドライフラワーとして使うのがおすすめ。水気を絞ってから日に当てて乾かし、小さなコップに入れて会社のデスクに置いたりトイレや玄関に飾ったりと、長く楽しむことができます。

3. インテリアとして飾る

透明グラス、かご、ブリキ缶とマウンテンティー

Photo by macaroni

飲むのが勿体無いというかたは、お部屋のインテリアにするのもいいですね。

透明のグラスに入れたり、かごに置いてみたり、ブリキの缶に無造作に入れておくのも雰囲気が出ます。藁のひもで縛って、スワッグとして吊り下げても素敵です。

ハーブティーを飲めない人にうっかりプレゼントしてしまった場合は、この使い方をしてもらいましょう!

リーズナブルな価格も嬉しい、ギフトの新定番

パッケージと、マウンテンティー

Photo by macaroni

贈り物をするとき、値段・贈り相手の趣味・使い道など、いろんなことを考えて選びますよね。

「グリークマウンテンティー」は、カフェ好きや、毎日の暮らしをちょっとだけこだわりたい女性にぴったり。2,000円未満で買えてパッケージもかわいく、落ち着いた色味なのでかざる部屋を選びません。飲んだり飾ったりと、贈った相手の好きなように使ってもらうことができます。

自分へのプレゼントにはもちろん、お世話になっている女性や友人へのちょっとした贈り物にぜひお試しください。

商品情報

Greek Mountain Tea(グリークマウンテンティー)
内容量:10g
価格:1,728円(税込)
賞味期限:3年
販売元:世界のお茶の専門店 ティーブティック
文・写真:古矢 美歌(macaroni編集部)
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう