“コーヒーゆんたく”をテーマにしたスタバが沖縄県北部初出店!

日本の各地域の象徴となる場所に建築デザインされ、地域の文化を世界に発信する店舗の総称を指す、スターバックス リージョナル ランドマーク ストア。その25店舗目が沖縄県北部に出店します。店舗のデザインコンセプトは“コーヒーゆんたく”。たくさんのつながりが生まれる空間になっています。

2019年3月25日 更新

沖縄の象徴的な地域にスタバがオープン!

スターバックスが沖縄県北部に初出店!2019年3月22日(金)に、持続可能な社会を目指したいくつかのアクションと、その活動を世界に発信する店舗と位置づけ、スターバックス リージョナル ランドマーク ストア「スターバックス コーヒー 沖縄本部町店」がオープン。

スターバックス リージョナル ランドマーク ストアとは、日本の各地域の象徴となる場所に建築デザインされ、地域の文化を世界に発信する店舗の総称のこと。やんばるの自然豊かな海や山が広がる沖縄県国頭郡本部町にスターバックス リージョナル ランドマーク ストアの25店舗目が登場します。

“コーヒーゆんたく”が、店舗のデザインテーマ

店舗のデザインコンセプトは、“コーヒーゆんたく”。ゆんたくとは、沖縄県の言葉でおしゃべりやだんらんを意味し、地域の顧客や観光などで訪れる方にとってのコミュニティとなり、地域、人、スターバックスが店舗を通じてたくさんのつながりが生まれる空間となるようにデザインしています。

店舗の外観はコンクリート造りの二階建ての建物に、入口には沖縄の守り神のシーサーがお出迎え。外壁には琉球かすりの縫い目をイメージしたコンクリート製のパネルや建物の基礎部分には沖縄の海と珊瑚礁からできる琉球石灰岩を使用し、地域特性を取り入れています。

使い捨てプラスチック削除の他、新たな活動も

アーティスト 淀川テクニック(本名 柴田英昭)
2003年に大阪・淀川の河川敷を拠点として活動開始。ゴミや漂流物などを使い、国内外の様々な場所で作品を制作している。小学生の図画工作や中学生の美術の教科書でも活動が紹介されている。沖縄県では国頭郡大宜味村の旧塩屋小学校で行われた「やんばるアートフェスティバル」に参加。

アーティスト 淀川テクニック(本名 柴田英昭)
2003年に大阪・淀川の河川敷を拠点として活動開始。ゴミや漂流物などを使い、国内外の様々な場所で作品を制作している。小学生の図画工作や中学生の美術の教科書でも活動が紹介されている。沖縄県では国頭郡大宜味村の旧塩屋小学校で行われた「やんばるアートフェスティバル」に参加。

スターバックスは、昨年7月に2020年末までに全世界のスターバックス店舗において、プラスチック製のストローを全廃することを発表し、日本でも、段階的に使い捨てプラスチック削減を通じた持続可能な社会の実現に貢献していくことを約束。

この使い捨てプラスチック削減に向けたアクションの中で、同店舗では、海に漂流されたプラスチックゴミをアート素材として活用し、世界に1つだけ、ここだけのオリジナルのアートを作成し、設置しています。

このアートは、国内外の様々な場所でゴミや漂流物などを使い、作品の制作をしている淀川テクニック監修の元、沖縄県のバリスタたちが地域の方とともに地元の海岸でビーチクリーンを行い、プラスチックゴミを収集。

そして、拾い集めたプラスチックゴミを素材にして淀川テクニックによるワークショップ拾い集められたゴミからオリジナルなモノを制作する「ゴミジナル工作」に参加した本部町の小学生が小さな作品を制作し、それをアーティストがひとつにまとめて “大きな魚のアート”として仕上げました。

このアートには「いつまでもきれいな海を守っていきたい」という想いと、地域との懸け橋になるようなつながりへの想いが込められています。

いままでにオープンしたどの店舗よりもメッセージ性が高い「スターバックス コーヒー 沖縄本部町店」。沖縄に訪れたときに、マストで立ち寄りたいお店です。

店舗概要

店舗名:スターバックス コーヒー 沖縄本部町店
住所:沖縄県国頭郡本部町山川1421-4
電話番号:0980-43-9865
営業時間:7:00-22:00
定休日:不定休
店舗面積:75.52坪(255.82m2)
席数:107席(店内87席 テラス20席)

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう