ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

人気の「赤ずきんクリームチーズ」が復活!

Photo by muccinpurin

カルディで人気を博しながらも、惜しまれつつ販売を終了していた「ロートケップヘン 赤ずきんクリームチーズ」が、ついに帰ってきました。 キュートな赤ずきんちゃんのパッケージと、安定のおいしさを併せ持った通称 “赤ずきんクリームチーズ”。 そんな人気のクリームチーズが復活したと聞き、さっそくカルディに走りました。

軽さが新しい!スッと溶けるクリームチーズ

Photo by muccinpurin

「赤ずきんクリームチーズ」498円(税込)
赤ずきんチーズはドイツ生まれ。そして「ロートケップヘン」はドイツ語で “赤ずきん” という意味を持ちます。 1926年の会社創業時、自社の製品がドイツを代表するようなチーズになればと、世界でも有名なグリム童話の赤ずきんの名を冠したそうです。 その願い通り、ドイツのスーパーのチーズ売り場には、このパッケージがずらりと並ぶほどメジャーなチーズになりました。ところが、日本で手に入るのはカルディだけ!これは人気が出るのもうなずけますね。

Photo by muccinpurin

シンプルなプレーンと、ハーブを混ぜ込んだものの2種類を取り扱っています。 復活してからも人気が衰えることはなく、数件問い合わせたのち、やっと見つけたのがこのひとつでした。 赤ずきんクリームチーズの存在を知らなくても、このパッケージならパケ買いする人もきっと多いことでしょう。内蓋までこのかわいさで、食べる前からすっかり魅了されてしまいました。

開けた途端、ハーブの香りふわり♪

Photo by muccinpurin

かわいいイラストに後ろ髪引かれつつパッケージを開けると、ハーブのいい香りが……♪ 細かく刻まれたハーブが入っているのがわかります。パッケージを見てみると、チャイヴ、パセリ、オニオン、ホワイトペッパー、ガーリックが使われているようです。 ほんのり感じるチーズの酸っぱい香りと、ハーブの香りがいいバランスです♪

Photo by muccinpurin

さっそくクラッカーにつけて試食してみました。クリームチーズは、冷えたままだと少し固いイメージですが、赤ずきんクリームチーズはスッと伸びるクリーミーなテクスチャー。冷蔵庫から出したてでも、とてもぬりやすいやわらかさです。 ハーブの香りも強すぎず、ガーリックも控えめながら、香りのアクセントは抜群。クリームチーズのコクに、サワークリームにも似たほんのりとしたさわやかさが感じられました。しつこすぎず、とても食べやすいですね。

パスタに絡めて…♪

Photo by muccinpurin

ハーブの香りがパスタにも合うんじゃないかと読んで、ゆでたてのパスタに絡めてみました。 アツアツのパスタにのせると、見る見るうちに溶けていきます!全体によく絡むように和えていただきます!

Photo by muccinpurin

クリームチーズにそこまで塩気がないので、好みで塩こしょうをプラスするか、少量のゆで汁と一緒に絡めると、より絡みやすく味も締まりますよ。 これは想像以上の好相性でした。ハーブだけだとさっぱりしがちですが、クリームチーズのまろやかさとコクも加わって、とても濃厚! 温まるとさらにハーブとにんにくの香りが立ち、絶品ですね。絡めるだけなので、生ハムやベーコンなどをプラスすると、さらに味の幅が広がりそうです♪

見た目も味もよし!買わない理由が見つからない

Photo by muccinpurin

カルディで復活した「ロートケップヘン 赤ずきんクリームチーズ」。パッケージのかわいさに加え、ほどよいコクと酸味、ハーブの香りのハーモニーが抜群で、買わない理由が見つからない完璧なクリームチーズでした。 見た目もかわいいので、パーティーでそのままテーブルに出せば、話題の中心になること間違いなし!デザインの素敵さとおいしさに、ゲストもきっと驚くことでしょう♪ 改めて、販売が復活してくれてよかったと思えるアイテムでした。

商品情報

■商品名:ロートケップヘン 赤ずきんクリームチーズ(ハーブ) ■内容量:150g ■価格:498円(税込) ■原産国:ドイツ ■カロリー:100gあたり237kcal
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS