2月28日OPEN!注目の「スターバックス リザーブロースタリー東京」のプレミアムメニューとは?

中目黒に従来のスターバックスとは異なる、世界で5番目の新しい業態の店舗がオープンします。その名も「スターバックス リザーブロースタリー東京」!新スタバ店とはどんなコンセプトのお店なんでしょう。その魅力と特徴をあますことなくご紹介します。

2019年2月19日 更新

「スターバックス リザーブロースタリー」が遂にオープン!

STARBUCKSCOFFEEと書かれている看板

※画像はイメージです。

2014年にシアトルで一号店としてオープンした、スターバックスの次世代型店舗「スターバックス リザーブロースタリー」が、中目黒に遂にオープンします。

同ロースタリーはプレミアムコーヒーのみを扱う高級店として、一号店をシアトルにオープンし、上海とミラノ、NYに順次同じ店舗を展開。

この4店に続いて国内初、世界で5店舗目となるリザーブ ロースタリーを中目黒に出店することが決定されたのです。

そして建築中の店舗もほぼ完成し、ついに2019年2月28日(木)にグランドオープンする運びとなりました。

焙煎工場を併設

JR中目黒駅正面口から北西へ徒歩13分ほどのところ、山手通りと中目黒川に挟まれた角地にあります。五重塔を想わせる木組みのひさしが斬新で、スタイリッシュな建物のデザインは、世界的な建築家である隈研吾氏の設計によるものです。

400坪近い広大な敷地に立つ地下1階・地上4階建の大きな店舗内には、コーヒーの焙煎工場があり、コーヒー豆の焙煎や抽出の様子も見ることができます。店内でマスターロースターや、コーヒースペシャリストと会話しながら飲むコーヒーは格別ですよ♪

店舗情報

プレミアムなドリンクとフードメニュー

焙煎工場が併設されているため、種類豊富なコーヒー豆のなかからお好みの豆を選んで、焙煎・抽出したてのプレミアムコーヒー「リザーブ」を楽しむことができます。自分の目で見て、香りを楽しみながらコーヒーを楽しむことができるんです。

シアトル店をはじめ既存店には、イタリアの高級ベーカリー「プリンチ」が入っていて、オーナーであるロッコ・プリンチ氏監修による多彩なフードメニューが提供されています。クロワッサンからサンドイッチ、各種フードまですべて店内で調理されているのです。

そして一番の注目点が、お酒のおつまみである小皿料理も提供していること。それにあわせて夕方からは既存各店で、アルコールの提供がはじまったとの情報があります。

当然日本の中目黒店でも、同じスタイルが踏襲されると思っていいのではないでしょうか。

中目黒ロースタリーで特別なコーヒー♪

「スターバックス リザーブ ロースタリー東京」のオープン日が、プレス向けにリリースされたのが2018年11月で、それ以来2ヶ月以上が経過し、その日が来るのを待ち焦がれていたスタバファンも多いことでしょう。

世界で5店舗目のお店ができる場所が中目黒というのも、さすがにおしゃれな街として知られるだけのことはありますね♪ オープンから当分の間はかなりの混雑が予想されますので、しばらく時間を置いてから行くことをおすすめします。
▼2019年注目の新作はこちら♪
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

☆ゴン

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう