ライター : macaroni_review

みんなの「気になる」グルメをmacaroni編集部スタッフが実際に食べて、おすすめのものだけ紹介していくmacaroniレビューのアカウントです。新発売のコンビニスイーツや日本初上陸グルメ…もっとみる

今回の推薦人

macaroni 編集部 / 古矢 美歌 フードコーディネーターとしてイベントケータリングも行なっている、macaroniのライター兼編集者。好きなものは、スパイスカレー・お寿司・フランス菓子。

いつもの晩酌を手軽にグレードアップ!

Photo by macaroni

メディアで取り上げられた最新の手土産をもらうのも嬉しいですが、誰もが知っている“名店”の品をもらうのも嬉しいもの。 今日ご紹介するのは洋菓子店「アトリエうかい」の塩クッキー。“うかい”といえば、鉄板料理、とうふ、割烹などが頭に浮かんだかたもいらっしゃると思います。 「アトリエうかい」では、うかいのレストラン部門と同様 “旬の素材を最も美味しく提供する” ことを大事にしており、プラリネやジャンドゥージャのようにナッツから作るペーストや、クッキーの一部に使用するジャムなどの副素材まですべて手作りしています。 今回はそんなアトリエうかいの焼き菓子のなかから“塩気”のあるものをご紹介。美しいパッケージが人気の「ふきよせ 夕暮れ」と、アトリエうかいの定番、フールセックシリーズの「フールセック・サレ缶」「フールセック・サレ 小箱」を実食します。

「ふきよせ 夕暮れ」

Photo by macaroni

1,080円(税込)
手のひらサイズですが、6種類のクッキーがたっぷり詰め込まれた「ふきよせ 夕暮れ」。まずは上段にある楕円のクッキー3つを左からいただきます。 ■オニオンペッパーサブレ 口に入れた瞬間、玉ねぎの甘さがふんわりと広がります。白胡椒のピリピリとした感覚が良いアクセントとなっていて、舌に余韻が残ります。 ■黒胡麻七味山椒チーズサブレ 七味の辛さと食感がクセになる、大人なお味。ビールといっしょに、無限に食べ続けられそう。 ■山葵とチーズのサブレ 濃厚なチーズのコクにわさびの爽やかな辛味が効いて、とてもバランスの良いお味。辛味といえど、実際に舌を刺激するような辛さはないので、お子様でも食べられそう。 続いて、下段のちいさなお菓子を左から。 ■海苔醤油メレンゲ 海苔の味が濃く、醤油の香ばしさがクセになりそう。サクッと噛むと、すぐに口の中から無くなってしまうのが名残惜しいです。 ■人参クラッカー 自然な甘みがやさしく、ホッと安心感のあるお味。良い意味で主張がひかえめなので、他の味の間に食べて箸休めしたいところです。 ■ごぼう糖衣がけアーモンド 6つのなかで一番甘みが強いのですが、噛めば噛むほど、ごぼうの深い味わいが感じられます。個人的には大好きな味で、単体で商品化してほしいくらいです。

「フールセック・サレ缶」

Photo by macaroni

2,500円(税込)
こちらは洋風のクラシックな缶に入っています。上段にある楕円のクッキー3つを左からいただきます。 ■ローストオニオン&サラワクペッパーサブレ さらっと繊細な口当たり。乾燥オニオンチップのうまみがじんわりと広がります。東マレーシアにあるボルネア島のサラワク州でとれるサラワクペッパーは、シャープで上品な刺激。 ■ベーコンポテト&トマトサブレ カリカリベーコンとほくほくのマッシュポテトを混ぜ込んだ贅沢なクッキー。料理そのものを食べているような不思議な食感ですが、トマトと蜂蜜の甘さも加わり子供でも好きそうな味にまとまっています。 ■プロヴァンスハーブ&チーズサブレ マイルドでこっくりとした深みがある1枚。タイムやバジルなど数種類のハーブがブレンドされているので、すっきりとした香りが感じられ、白ワインが欲しくなります。 続いて、下段のちいさなお菓子を左から。 ■トマトチーズメレンゲ、トマトパセリメレンゲ 南仏風のトマトソース味がベース。トマトの甘酸っぱさにバルサミコ酢やガーリックの風味が加わって、しゅわっと儚いメレンゲなのに、立派な料理の味が口に広がります。チーズ版とパセリ版がミックスされています。 ■枝豆クラッカー 豆自身がもつ旨味・甘み・苦味がちょうどよく止まらなくなりそう。本物の枝豆のごとく、小さいのにしっかりとお酒のアテになってくれる、頼もしい一枚です。 ■ごぼう糖衣がけアーモンド 「ふきよせ」にも入っているアーモンドがこちらにも。塩気のある他のクッキーのなかに、甘みがあり食感もいい糖衣がけアーモンドが入っていると、バランスがよくて嬉しいです。

「フールセック・サレ 小箱」

Photo by macaroni

1,080円(税込)
楕円のクッキーが4種類入った小箱は、お値段も手頃でいいですね。お皿の左からいただきます。 ■エダムチーズサブレ 焼くことで香ばしさが増すエダムチーズのコクと、白胡椒のピリッと感が特徴。しっかり効いたスパイスが本格派で、胡椒好きにはたまらない一枚です。エダムチーズ味は小箱でしか食べられません。 ■ローストオニオン&サラワクペッパーサブレ 乾燥オニオンチップのうまみがじんわりと広がります。コクがあり食べ応えのある一枚ですが、キリッと上品な刺激があり、気がつくとどんどん食べ進めてしまいます。 ■プロヴァンスハーブ&チーズサブレ タイムやバジルなど数種類のハーブがブレンドされ、チーズもコクがあり濃厚。邪道な提案かもしれませんが、砕いてサラダにかけても良いアクセントになりそうです。 ■ベーコンポテト&トマトサブレ 上記で紹介したなかで一番料理を感じさせる一枚。レストランの料理のエッセンスを取り入れた、うかいだからこそ作れるならではの味です。

手土産にも自宅での晩酌にもどうぞ

Photo by macaroni

“お酒とともに楽しむフィンガーフードをクッキーで表現したい”という発想から生まれた「フールセック・サレ」は、ホームパーティーにぴったり。ひとまずシャンパンやビールを開けて乾杯し、お菓子をつまみながら料理の準備をするのもいいですね。 一方の「ふきよせ」は、夜のゆったりとした晩酌の時間におすすめ。一人しずかに、もしくは気のおけない相手と杯を交わすときに、お供にして欲しいという想いを込めて作ったそうです。 オンラインショップ・アトリエうかいに加え、うかいの一部レストラン店舗でも購入が可能です。事前にご確認の上、お買い求めください。
Photos:6枚
macaroni編集部 古矢美歌のプロフィール写真
ふきよせとフールセック・サレの集合写真
ふきよせ 夕暮れのパッケージと中身をご紹介
フールセック・サレ(缶)のパッケージと中身をご紹介
フールセック・サレ(小箱)のパッケージと中身をご紹介
ふきよせとフールセック・サレをお皿に出して食べる様子
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS