9. お茶ソムリエが淹れるお茶に合わせたスイーツたち「茶茶の間」

お茶のソムリエが常駐しているという「茶々の間」。こちらでは日常的に飲むお茶とは違った、嗜好品として楽しむお茶を提供しているのだとか。 そしてお店のスイーツは全部、お茶に合わせることを考えて作っているんです! 両方が引き立て合うような味わいの感動を体験してください。

茶茶パフェ(本日の煎茶セット)

1,700円(税抜)
和素材たっぷりの「茶茶パフェ」は最初にその日のお茶を出され、その後にパフェが到着します。パフェはお茶に合わせて甘さが控えめですが、その分素材の風味が強め。抹茶ならではの粉っぽさもあり、かなり本格的な味に仕上がっています。 もちもち白玉や香ばしいほうじ茶寒天など、器に盛られたすべてが絶品ですよ♪

店舗情報

そのほか都内で抹茶パフェがおいしいお店3選

10. 神楽坂の雰囲気に溶け込んだ隠れ家カフェ「神楽坂 茶寮」

神楽坂のカフェのなかでもひときわ人気の「神楽坂 茶寮」。和風のゆったりとした時間が流れている店内で食べられるのは和の素材を使ったスイーツたち。 濃厚な抹茶フォンデュ、寒天や生麩をのせたあんみつ、ふわふわほろ苦い抹茶のスモアなど、注目メニューが目白押しです♪

お茶香る茶寮の和パフェ

810円(税抜)
数ある抹茶スイーツの中でも不動の人気を誇るのが「お茶香る茶寮の和パフェ」。白玉や抹茶アイス、ほうじ茶クリームがのせられた下には、京都の上質な宇治抹茶を使ったゼリーとプリンが。どれも濃厚なのに、ほかの和の素材と調和しているのことに魅了されてしまう抹茶パフェです。

店舗情報

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ