布製のおすすめプレイスマット5選

1. 朝のテーブルに「フォグリネンワーク リネンプレイスマット」

ITEM

フォグリネンワーク(fog linen work)リネンプレイスマット リネンデニム

サイズ:縦35×横45cm

¥864〜 ※2018年11月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

最初のご紹介は、洗いざらしの雰囲気が朝のテーブルにぴったりのひと品♪ さわやかなリネン100%のプレイスマットです。ご紹介ではおしゃれなデニムをチョイス。女性にはもちろん男性にもぴったり◎使う人を選ばないデザインです。

2. 北欧デザイン「ジュビリー デザインプレイスマット」

ITEM

ジュビリー(Jubilee)デザイン プレイスマット レッド2枚組 ペアセット

サイズ:縦32×横45cm

¥1,728〜 ※2018年11月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

続いてはやわらかな印象の北欧オルテガ柄のプレイスマットです。冬にぴったりのデザインですが、こちらも100%リネンで夏にもおすすめですよ。2枚セットなのですぐにテーブルセットが叶います。色違いもあるので、4枚以上ならほかの色と合わせるのもおもしろそうです。

3. ファンも多い「マリメッコ プレイスマット」

ITEM

マリメッコ プレイスマット ウニッコ ネイビー&グレー

サイズ:縦33×横42.5cm

¥3,132〜 ※2018年11月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

布製品と言えば、「マリメッコ(marimekko)」も忘れてはならない存在です。こちらは、ファンも多いウニッコ柄。あえてネイビー&グレーをチョイスすることで、どんなインテリアにも馴染みやすくなります。

4. 水をこぼしても大丈夫「マリメッコ オイルクロス プレイスマット」

ITEM

マリメッコ オイルクロス プレイスマット プータルフリンパルハート(PUUTARHURIN PARHAAT)

サイズ:縦31×横42cm

¥2,700〜 ※2018年11月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

こちらもマリメッコのひと品。コットンにオイルクロス加工が施されたプレイスマットで、水やソースをこぼしてもサッと拭くだけでいつでもキレイな状態を保てます。少し厚みのあるクッション性のある質感で、子どもも使いやすいですよ。

5. セットがおすすめ「モノトーン プレイスマット」

ITEM

プレイスマット 2Lサイズ モノトーン

サイズ:縦30×横40cm

¥1,170〜 ※2018年11月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

ぜひ、セットでそろえていただきたいのが、こちらのモノトーンのプレイスマットです。サイズや形を変えて、鍋敷きやコースターとしてテーブルをコーディネートしてみませんか?控えめなデザインなので、たくさん並べてもごちゃごちゃとした印象になりません。

プラスチック・樹脂製のおすすめプレイスマット4選

6. 撥水力も抜群「アザ プレイスマット」

ITEM

アザ(ASA)プレイスマット シャーベットカラー

サイズ:縦33×46cm

¥864〜 ※2018年11月17日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

こちらは、ポリ塩化ビニル製のつるんとした質感ながら、やわらかなカラー展開であたたかみも演出できるアイテムです。撥水力も抜群でお手入れも簡単♪ 色を合わせてそろえるもよし、色違いでそろえるのも楽しめそうです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS