札幌のカフェ「たべるとくらしの研究所」で非日常を楽しむ

「たべるとくらしの研究所」とは北海道の札幌で大人気のギャラリー&カフェ。懐かしさを感じるとともに、ホッと落ち着くような空間でいただく北海道の食材を使ったメニューはちょっとした非日常的に踏み込んだような不思議な感覚になるとか。食べること、暮らすことの意味に向き合えるようなカフェだそうです。

ギャラリー&カフェ「たべるとくらしの研究所」

「たべるとくらしの研究所」とは北海道の札幌で大人気のギャラリー&カフェ。オープンのきっかけは、3.11の東北大震災。福島で果樹農家を営んでいたご主人の安斎伸也さんと、カフェ経営と果樹園の二足の草鞋を履いていた奥さんの明子さんが、原発事故後に札幌へ移住し、新たに開いたカフェが、今回ご紹介する「たべるとくらしの研究所」なんです。
たべるとくらしの研究所は
 
3.11以降の食と暮らしを足元から見つめ直すとともに、
小さな毎日の営みの中でできること、
さまざまな問題を抱えるこの世界を、
よりよい未来へとシフトさせていくために今できることを、
多くの人と共に考え、見つけていく場所です。

出典: www.taberutokurashi.com

時の流れが遅く感じるような店内

古い民家を再生したカフェのようで、お店の情報によると築80年だそうです。古いテーブルや椅子が並べられ、ギャラリーも備えてあり、懐かしさを感じるとともに、ホッと落ち着くような空間になっているそうです。

北海道の食材を中心のメニュー

パリパリとした大豆ペースト、茄子のマリネなど、こだわり野菜をたくさん使ったメニューが楽しめます。おかずの種類が豊富でどれも身体に優しいように仕上がっているとか!野菜は、ブロッコリー、ズッキーニ、いんげん、そら豆、その他種類が豊富に味わえます。
コーヒーにも手を抜かず、こだわりを感じられるほどおいしいそうです。この後味の優しい味わいがするコーヒーは「石田珈琲店」のお豆で淹れられています。福島のときに営業していたカフェから使っているそうです。
お菓子やパンなどは粉の分量などを変化させていて、どのカタチで提供するのがよりよいのか、常に考えているそうです。現状に満足せず、お客さんに少しでも多く喜んでほしいという思いが伝わってきます。
そして今回の真打ち登場・・・このパンに惚れてしまいました。酵母が生きてる味がする~~うまいっ!パンのひとつひとつの切れ目には美味しいバターがたっぷり塗られていて、じゅわ~~っとしみており、本当にうまいっ!横に添えられたジャムも果肉の食感がなんともいえず「う~~ん」美味しい・・・うなっちゃう

出典: blog.goo.ne.jp

ロールケーキとかぼちゃのチーズケーキはそれぞれにコンフィチュールがのっています。北海道の素材のパワーを感じるようなおいしさを実感できるとか!

ギャラリーコーナーも

店内ではジャム、豆や酵母を使った発酵食品をはじめとした加工食品を製造、販売をしています。食べること、暮らすことの中に楽しさを生みだしたいという願いが込められているとか。

特集

SPECIAL CONTENTS