デコポンなの?みかんなの?魅惑のくだもの不知火(しらぬひ)とは

ポコッと頭が飛び出た形の「不知火」、その見た目はデコポンともそっくりですが何が違うのでしょうか。味わいや栄養、産地やおいしい旬を解説。おいしい不知火の選び方や保存方法、おすすめの食べ方などたっぷりご紹介します。

不知火とは?デコポンやみかんとの違いは?

読み方は「しらぬひ」

スーパーで見かけるポコッと頭が飛び出た形のみかん「不知火」、何と読めばいいのか困った方も多いはず。こちらは「しらぬひ」と読み、発語では「しらぬい」と発音します。「不知=しらぬ」とは、なんとも粋な名前ですよね。

デコポンと不知火は何が違う?どんな品種なの?

見た目もよく似ているデコポンですが、実は同じミカン科ミカン属の品種なんです。「デコポン」という名称は商標登録がされており、不知火のなかでも糖度13度以上でクエン酸1.0%以下など基準がしっかり定められています。

また、この登録商標は全国のJA(農業協同組会)が出荷するものにのみ使用することができます。そのほかの栽培者は糖度などの基準を満たしているものでも「デコポン」として出荷することはできず、「不知火」として出荷します。

さまざまな基準を満たしている不知火が「デコポン」として出荷されているのです。

味や栄養

気になる味わい

果肉は濃いオレンジ色で、果汁がたっぷり◎とっても甘い味わいで、酸味はひかえめです。食感もプリッとしていてやわらかく、薄皮もそのまま食べられるほどですよ。

栄養とカロリー

可食部100gあたりのカロリーは51キロカロリー。温州みかんに比べると、しっかり甘い分わずかに高めです。そのうち85.8gが水分、炭水化物が12.9g、たんぱく質0.8g、脂質が0.2gとなります。カリウム・カルシウム・マグネシウムなどのミネラルも含まれ、食物繊維は0.6gです。

不知火(デコポン)の主な産地・旬

産地はどこ?

不知火(デコポン)は、みかんの産地で同様に作られています。中でも、いちばん多く収穫されているのが熊本県、次いで愛媛県となり、この2県で全体収穫量の約50%を占めます。続いて和歌山県、佐賀県とみかんの名産地が続きます。

おいしい旬

ハウス栽培も行われている不知火なので、冬の始まりの12月上旬ごろから5月いっぱいまで楽しむことができます。ハウス栽培のものは12月上旬から2月下旬ごろまで出回ります。

露地栽培のものは、12月から始まる収穫後に酸を抜くため貯蔵され2月中旬ごろから出回り始めます。3月いっぱいまでが旬の時期です。出荷は5月の終わりごろまで続きますよ。

値段

インターネット通販の価格を調べると、5kg(約20玉)で3,000円程度、10kg(約40玉)で6,000円程度のものが多くみられます。スーパーでも2玉入って300円から400円ほどで購入できますよ。

おいしい不知火(デコポン)の選び方

選び方

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう