食通が恋をする。最新トレンド「モダンメキシカン」の新店

最近人気急上昇中の「モダンメキシカン」をご存じですか?手軽にわいわいと楽しめるメキシコ料理ですが、これまで以上に厳選した素材やおしゃれなヴィジュアルを追求したお店が注目を集めているんです。最新トレンド「モダンメキシカン」の魅力に迫ります!

2019年8月13日 更新

“モダンメキシカン”がきてる…!

タコスやナチョス、ワカモレをつまみながらコロナビールと一緒にカジュアルに乾杯!そんなイメージの強いメキシカンですが、最近は“モダンメキシカン”なる洗練されたメキシコ料理を味わえるお店がじわじわと増えてきているんだとか。

伝統的なメキシコ料理をベースに残しつつ、素材や見た目に独自のこだわりをミックスした新ジャンルのモダンメキシカン。今回は、東京都内で楽しめるお店を厳選してご紹介します。

1. 東京の“今”を表す「101 TOKYO(ワンオーワントーキョー)」

今年8月、恵比寿駅西口から徒歩3分の渋谷川沿いにオープンした「101 TOKYO」。朝はコーヒー、ランチにカレー、夜はタコスにクラフトビールやナチュラルワインと、一日を通していつ訪れてもくつろげるお店です。

TOKYO TACOS(トーキョータコス)

画像上:500円(税込) 画像下:450円(税込) 画像上:穴子の天ぷら・青パパイヤ・魚醤のタコス
画像下:ラムのクミン風タコス

モダンメキシカンを楽しめるメニュー「TOKYO TACOS」。本来のタコスに''TOKYO''テイストを取り入れたというオリジナルのタコスは、さまざまなカルチャーが混在する東京らしさを表現しているそう。

「これまで食べたことのない和タコス!」と、その斬新なおいしさにハマってしまう人が多いようです!ひとつ400円代~という、お手ごろな値段でサクッと食べられるのがうれしいですね。

バングラディッシュしらすカレー

1,100円(税込)

実はこのお店、リニューアルオープン前は、バングラディッシュカレーとコーヒーを楽しめるお店として評判でした。そのころからの人気メニューが新店舗でもしっかりと引き継がれていて、そのうちのひとつが「バングラディッシュしらすカレー」。

スパイスがしっかり効いたライトな食感のカレーは、いわゆる日本のカレーとは別物。たっぷりのしらすとの絶妙な相性が好評のようです!メキシカンとは違いますが、古くからのファンも多くお店を訪れたら、ぜひチェックしたいメニューのひとつです。

店舗情報

■店舗名:101 TOKYO(ワンオーワントーキョー)
■最寄駅:恵比寿駅西口 徒歩3分
■電話番号:03-5422-6230
■営業時間:【月~木】8:00~24:00 【金】8:00~26:00 【土】11:00~26:00
【日】11:00~22:00
■定休日:なし
■禁煙・喫煙:分煙
■wifi:あり
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13225488/
■公式HP:https://classic-inc.jp/101/

2. 創作タコスで魅せる「TACOS shop(タコスショップ)」

吉祥寺駅北口に広がるハーモニカ横丁。数々の人気飲食店が軒を連ねることで有名ですね。昨年12月にオープンした「TACOS shop(タコスショップ)」もそのうちのひとつです。

なんと店舗面積2坪という驚きのコンパクトなお店ですが、その人気は絶大。屋台風の店内でいただく個性豊かな具材のタコスに、一度食べるとやみつきになってしまう人が多いんだとか!
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

omio96

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう