ライター : maikakokubo

コクボマイカ / クラフトプランナー

武蔵野美術大学工芸工業デザイン学科卒。文具や雑貨のセールスプロモーション、書籍やWEBサイトのクラフトレシピ制作に携わる。 「おとなのずがこうさく」と称した少人数制の講習をはじ…もっとみる

家の中にひらりと舞う……♪

Photo by maikakokubo

「まかない料理のようにササッと作れる!」をテーマに、ラッピングやDIYアイデアを紹介するこの企画。第12回は「コーヒーフィルターで作る!夏色ちょうちょ」です。 絵の具を溶かした水にコーヒーフィルターを浸すと、フィルターが水を吸い上げ、きれいな滲みができます。今回はフィルターの形と滲みを活かして、カラフルなちょうちょに仕立てます。リビングや子供部屋に飾れば、涼しげな雰囲気を演出できますよ。 色遊びとして、お子さんと一緒に楽しめるのも魅力です♪

「夏色ちょうちょ」の作り方

用意するもの

・コーヒーフィルター ・絵の具 ・水 ・モール ・絵の具を溶かす容器 ・はさみ ・マスキングテープ(飾る際に使用) ・糸(飾る際に使用)

手順

Photo by maikakokubo

1. 容器に水を入れ、絵の具を溶かします。

Photo by maikakokubo

2. コーヒーフィルターを1に浸します。浸す部分はお好みで。絵の具を吸い上げたら取り出し、しっかりと乾かします。

Photo by maikakokubo

3. 赤線の部分を切り取り、フィルターを開きます。 4. 中央にひだを寄せてモールで挟み、赤丸の部分をねじって留めます。最後に触覚を作ったら完成!

ウォールアートに!

Photo by maikakokubo

マスキングテープなどで壁に貼ると素敵なウォールアートに仕上がります。

天井から吊るすと、本物のちょうちょみたい♪

Photo by maikakokubo

糸を付けて吊るすと、ふわふわと風に揺れます。触覚が長いと、重みで逆さまになってしまうので短めに。こんな風に、両側から染めて2色にしても素敵ですよ。

お子さんとの楽しい夏の思い出に

今回ご紹介した「夏色ちょうちょ」は、フィルターがじわじわと染まっていく過程も楽しめます♪ お子さんがいる方は、ぜひ夏休みの思い出づくりにいかがでしょうか。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ