フォトジェニックなサンドが目白押し

サンドイッチといえば、「たまごサンド」や「野菜サンド」を思い浮かべる方が多いかと思いますが、実は近年サンドイッチはとっても進化しています。 サンドイッチも“フォトジェニック”な時代に突入しているんですね♪ そこで今回は、関西の最新版「極上サンド」をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

1. 京都「ノットカフェ」

出し巻きサンド

330円(税抜)
京福「北野白梅町駅」より徒歩15分ほどの場所にある「ノットカフェ(knot cafe)」。こちらの「出し巻きサンド」は、ブリオッシュ生地のバンズに超分厚い出し巻き玉子がサンドされています。 ぷるぷるでふわふわの厚焼き玉子は、出汁が効いてとってもジューシー。軽くトーストされた、ほのかに甘みのあるバンズとの相性もバッチリです。なにより、コロンとま~るいフォルムがキュートすぎます♪

店舗情報

■店舗名:ノット カフェ (knot cafe) ■最寄駅:京福「北野白梅町駅」より徒歩15分 ■電話番号:075-496-5123 ■営業時間:10:00~18:00 ■定休日:火曜日(25日が火曜日の場合は営業) ■禁煙・喫煙:完全禁煙 ■公式HP:http://knotcafe-kyoto.com/

2. 京都「とんかつ清水」

カツサンド

1,500円(税込)
京阪「神宮丸太駅」から4分ほど歩いた場所にある「とんかつ清水」。普通のとんかつ屋さんかと思いきや、実は知る人ぞ知る「カツサンド」の名店なんです。こちらのカツ、なんと4cm越えの厚み……! ひと口噛むと、口いっぱいに肉汁が広がります。 お肉はロースとヒレの2種類から選択できますよ。しっかりトーストされたパンにカツの油が染み込み、揚げパンのような味わいが楽しめます♪ 分厚いカツを揚げるには時間がかかるので、常連さんはお酒をチビチビ楽しみながら待つんだとか。カツサンドがお酒の〆なんですね!

店舗情報

■店舗名:とんかつ 清水 ■最寄駅:京阪「神宮丸太町駅」より徒歩4分 ■住所:京都府京都市上京区河原町通丸太町上ル上生洲町248-5 ■電話番号:080-3786-5425 ■営業時間:18:00~翌2:00  ■定休日:日曜日 ■公式HP:なし

3. 京都「喫茶マドラグ」

コロナのたまごサンドイッチ

680円(税込)
地下鉄「烏丸御池駅」より徒歩9分ほどの場所にある「喫茶マドラグ」は、半世紀以上営業していた名店「喫茶セブン」をリノベーションした喫茶店。こちらの看板メニューは、閉店した京都の洋食店「コロナ」のたまごサンドを再現した「コロナのたまごサンドイッチ」です。 ぷるぷるのだし巻き玉子を、ふわふわのパンでサンド。シンプルではありますが、歴史と旨味がたっぷり詰まった、不動の人気メニューです♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ