意外と知らない「あんこ」の種類と特徴!ラムネあんって何⁉

和菓子やぜんざい、あんみつに欠かせない「あんこ」ですが、実はさまざまな種類があるって知っていますか?今回は、豆や作り方の違いによるあんこの種類をたくさんご紹介します。変わり種の“ラムネあん”なんていうものもあるんですよ!

あんこについて詳しく知りたい!

あんことは、小豆(あずき)などの豆類を似て、砂糖を加えて練ったものです。芋を練った芋あん、栗を練った栗あんなどもありますが、「あんこ」といえば小豆を使ったものが一般的でしょう。主に和菓子に使われています!

そもそもあんことは、「餅や饅頭の中に入っている詰め物」という意味。饅頭は平安時代に中国から渡ってきたものですが、当時の日本には砂糖がなかったため塩味のあんこが広がったそうです。その後、江戸時代に砂糖の輸入が増えたこともあり、砂糖入りの甘いあんこが普及していきました。

こんなにあるの?あんこの分類方法いろいろ

あんこと聞くと、「粒あん」や「こしあん」といった種類がまず思い浮かぶのではないかと思います。しかし、あんこにはそれ以外にもたくさんの分類方法があり、原材料や加工度、製造方法、砂糖の量によってさまざまな呼ばれ方をします。

原材料は豆の種類の違い、加工度とは製造段階の違い、製造方法は作り方の違い、砂糖の量とは上白糖や水あめの配合量の違いのことです。主な分類をひとつひとつ見ていきましょう。

色でわかる!原材料によるあんこの種類

小豆あん(赤あん)

あんこといえば代表的なのが小豆を使った小豆あんで、饅頭などの和菓子に入れられる一般的なあんこです。小豆だけでなく赤インゲン豆など、赤い色の豆を使って作ったあんこのことを総称的に赤あんといいます。

白あん

赤あんに対して、白インゲン豆や白ササゲ豆、白小豆などの白い豆類を原料にしたものが白あんです。粒をなくしてペースト状にしたこしあんが一般的で、饅頭の皮に混ぜてしっとりさせることもあります!

淡泊であっさりとした味なので、ほかの素材と相性が良く、フルーツあんなどの変わりあんのベースにも使われます。

うぐいすあん

青エンドウ豆を使ったあんこをうぐいすあんといいます。その名の通りうぐいすのような緑色をしていて、見た目にもきれいです。青エンドウ豆は別名をうぐいす豆といい、英語ではグリーンピースと呼ばれます。春の始めに食べたくなる、季節を感じるあんこです♪

ずんだ

同じ緑色ですが、枝豆で作ったあんこはずんだといいます。ずんだは山形県と宮城県の名産で、ずんだ餅などの郷土料理に使われることで有名です!枝豆の旬は夏なので、暑い時期にぴったりの風物詩としても親しまれています。

食感が違う!製造方法によるあんこの種類

粒あん

作り方によってもさまざまな呼び名があります。煮た小豆をすりつぶしたり裏ごししたりせず、なるべく豆の形をなくさないように作ったあんこを粒あんといいます。

豆のつぶつぶ感を感じられるので、豆本来の舌ざわりや食感を楽しみたい方に好まれます!大福やどら焼き、最中やきんつばなどに使われていますよ♪

こしあん

こしあんは粒あんと違い、豆をつぶして裏ごしし、豆の皮を取り除いたものです。引っかかりのないペースト状なのでとてもなめらかなで、スムースな舌ざわりが楽しめます。

また「つぶしあん」といって、豆をつぶしはしますが皮を取り除かないあんこもあります。つぶしあんは、ちょうど粒あんとこしあんの中間という感じですね!

小倉あん

小倉あんは、こしあん(またはつぶしあん)に、砂糖で煮た小豆の粒を混ぜたものを指します。普通の小豆のこしあんに、大きくてつぶれにくい大納言小豆を混ぜるのが一般的で、2種類の小豆を使うためぜいたくなあんこです。こしあんのペースト感と豆の食感、どちらも味わえるのが魅力!

厳密には製法が異なるのですが、最近では“つぶしあん”や、“こしあんと粒あんを混ぜ合わせたもの”を小倉あんと呼んでいる場合もあります。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

エマ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう