東京でリーズナブルな鉄板焼きランチ4選

9. 【銀座】アヒルギンザ

有楽町駅の中央口改札から東へ歩いて7分ほど、銀座並木通りに面した商業ビルの8階にあるお店です。無機質な白壁にぽっかりと開いたエントランス横にある、メニューボードと小さなファサード看板が目印になっています。
入口から石壁沿いに回廊を通ってなかへ入ると、白とブラウンを基調とした明るい店内へ出ます。アーチ型の白い天板の鉄板カウンターが11席、テーブル10席と個室6席がある、カジュアルでおしゃれな雰囲気のお店です。

リーズナブルでお得なランチA

2,000円(税込)
バゲットやリエット、スープに選べる前菜、4種から選べるメインとドリンクがついたランチです。なかでもA5牛とブランド豚の合い挽きに、フォアグラが入ったハンバーグが人気で、お店のいち推しメニューでもあります。

プリフィックスディナー メニューB

7,560円(税込)
アヒルで一番人気のプリフィックスディナーで、前菜からスープ、メインディッシュにデザートまですべて選べるうえに、お店自慢の焼きカレーまでつくコースです。お手頃な鉄板焼きとして女子会にもおすすめします。

10. 【日本橋】紅花 別館

東京駅の日本橋口から東へ歩いて8分ほど、中央通りから西へひと筋入ったところにある2階建レストラン。アメリカで鉄板焼きを広めた紅花の日本橋別館で、黒の外壁にファサード看板と赤いテント、赤い袖看板がよく目立ちます。
戦前からの歴史を持つ当店の1階は、鉄板付きテーブル40席が並ぶシックなインテリア。2階は赤いテーブルクロスに白いイスがかわいい、カジュアルな洋食店になっていて、両方あわせて100席ほどある店内です。

鉄板焼きステーキランチ

2,160円(税込)
1階の鉄板焼き店でいただくステーキランチです。各テーブルにはすべて鉄板がついていて、150gのニュージーランド産サーロイン、またはテンダーロインを焼いてくれます。紅花を訪れたらやはりステーキですね♪

洋食ランチで人気のバーグコンビ

1,300円(税込)
2階にある洋食店ではいろんなメニューがあります。そのなかでも人気なのが、デミグラスソースがかかったハンバーグとオムライスのコンビ。子どものときと変わらず、大人になっても食べたい洋食の代表格ですね♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ