正しい「箸の持ち方」を詳しく解説。お子さま用の矯正方法も

みなさんは箸を正しく持つことができていますか?大人たるもの、正しい持ち方で食事をしたいものです。今回は改めて箸の正しい持ち方をおさらい。また、小さいお子さまにそろそろ教えたい!という方にもおすすめの補正方法もご紹介します。

箸の正しい持ち方をマスターしよう!

みなさん、箸の正しい持ち方ってご存知ですか?

「正しく持てるけれど、改めて知りたい」「そもそも正しい持ち方に自信がない」「そろそろ子どもに教えたい」そんな方は必見!お箸の持ち方からこれから覚える方へおすすめの習得法までご紹介していきますよ。また、おすすめの補正アイテムも登場しますよ!

持ち方

1. 下の箸を親指の付け根にはさむ

お箸を持っている様子

Photo by koku_koku

下の箸を親指の付け根にのせ、さらに薬指の第一関節で支えていきます。下の箸を固定させる必要があるのでしっかりのせましょう。

2. 上の箸を3本の指で持つ!ポイントは「えんぴつ」の持ち方で

お箸を持っている様子

Photo by koku_koku

親指、人差し指、中指の3本の指で上の箸を持ちます。通常、お箸の基本が「えんぴつの持ち方」と呼ばれるのは上の箸のこと。親指はこれから箸を動かすための支点の役割ですからしっかり支えましょう。

3. 上の箸と下の箸を十分にあけて

お箸を持っている様子

Photo by koku_koku

箸を持った時は、下の箸は動かさずに上の箸だけを動かしていきます。バランスよく持つコツは指の位置や力を入れる場所がポイント。上の箸と下の箸の持ち方をそれぞれ確認してみるとわかりやすいので、持ち方に自信がない方はまず上下をチェックしてくださいね。

動かし方

1. 持つ位置が箸頭から3分の1かどうかをチェック

お箸を持っている様子

Photo by koku_koku

箸を持つ位置を改めてチェック。あまり先の方でも頭の方でもバランスが崩れてしまいます。箸は箸頭の3分の1を目安も持ちましょう。

2. 下の箸は動かさない

お箸を持っている様子

Photo by koku_koku

上の箸と下の箸が十分に空いている状態で、上の箸を動かしていきます。下の箸は動かさず、食べ物を支えるだけですから、両方の箸で開閉しないようにしましょう。

輪ゴムを使った練習方法

お箸を持っている様子

Photo by koku_koku

箸の持ち方をトレーニングするには、余計なところに力が入らないように、箸頭か、指のどれかを固定するのがおすすめ。今回は指を固定する方法を2つご紹介していきます。輪ゴムさえあればできるので、お子様や来日した外国人の方に教える際はぜひ活用してみてくださいね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

koku_koku

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう