カフェ風木製プレートおすすめ10選!おうちでワンプレートランチ♪

カフェと言えば、ワンプレートランチ!それも木製プレートがあれば、ひと手間くわえたテーブルコーディネートで、おうちでカフェ気分が味わえます。プレートを選ぶ前に、木製食器の特性や取り扱いの注意点、お手入れ方法について調べてみました。

木製プレートに盛り付けてお家ごはんをもっと楽しもう

自然のぬくもりが感じられる木製のプレートは、食卓を優しい雰囲気に演出してくれる上に、インテリアのテイストを選ばないので、どんなお部屋にもなじみます。手触りも陶器のような冷たさがないので、料理を温かく保ってくれますよ。また割れたり欠けたりしにくいので、お子さんにも安心です。「お片付け、手伝ってくれる?」なんてお願いしてもいいですね。

木製プレートの選び方

では木製プレートを買うとき、どんなものを選べばいいのでしょう。代表的な素材・形・サイズについて調べてみました。

素材

最近はアカシアを使ったプレートが人気です。アカシアは濃淡のある木柄が特徴で、加工しやすいうえ腐りにくいので食器に適しています。

桜材はやや硬めの材質で、木目が細かく目が詰まっています。木製品は毛羽立ちやすいのですが、他の木材に比べて桜は毛羽立ちが少なく丈夫です。

日本人になじみの深いけやきは、堅くて頑丈なのが特徴です。昔からお椀などの材料としてよくつかわれています。

最もよく使われているラバーウッド(ゴムノキ)は柔らかくて軽く、肌触りがなめらかなのが特徴です。ナチュラルな木目で、日常使いに最適です。

定番の木製丸皿は、1枚あると使い道が多くて便利です。大きめのものならばワンプレートランチ風にしたり、小さめのものなら副菜を入れたり、取り皿としても使えます。

スクエア型は、深めのものならスープやシチューなどの汁物を入れることもできるので、使い勝手のいい形です。

ランチプレートは、仕切りでおかずを小分けにできるので自宅でカフェ気分を味わうことができます。その上、洗い物が少なくて済むのも魅力です。

サイズ

プレートを選ぶときにはサイズも重要です。どんなものをのせたいのか、使い方を考えながらイメージしてみましょう。

丸皿を例にしてみると…

直径15cmくらいは、パンやケーキにちょうどいいサイズ。サラダやサイドディッシュも。
直径20cmくらいは、メイン料理用。パスタやオムライスをのせてもいいですね。
直径25cmくらいだとトーストにサラダや目玉焼きを一緒に盛り付けて、朝ごはんのワンプレートにピッタリのサイズ感。

ただし大きなサイズは場所をとりますので、食器棚のスペースを考えて選ぶことも忘れずに。

木製プレートの注意点&手入れ方法

電子レンジ不可

木製プレートには「電子レンジ使用不可」の注意書きがあります。木材がもつ水分や空洞が熱で膨張してひびが入るおそれがあるので、レンジには使わないでくださいね。また木製食器は急激な温度変化が苦手です。ですから極度に乾燥すると、ひび割れたり塗装がはがれたりすることがありますので、冷蔵庫に入れるのもやめましょう。

他にも油分の多い料理を盛り付けるとシミの原因になることがあるので、揚げ物などはワックスペーパーを敷いて盛り付けるのがおすすめです。

お手入れ方法

普段のお手入れは、他の食器と同じように食器用洗剤をつけたスポンジで優しく洗いましょう。ただし、木のツヤがなくなったり、破損したりする恐れがあるため食洗機は厳禁です。

使っているうちにツヤがなくなってくるので、そんなときはご家庭にあるオリーブオイルなど油を全体に薄くなじませて、日陰で乾燥させます。そうすればプレートのツヤが戻りますよ。木に油分を与えることで乾燥によるヒビ割れやカビの防止にもなりますので、定期的にメンテナンスすることで長く使えます。

カビを防ぐには

カビは湿気が大敵です。洗い終わったらすぐに水分を拭き取り、風通しのいい日陰で乾燥させましょう。また木製食器を長時間水に浸すのもNG!カビが生えやすくなってしまうので、浸け置きなどは避けてくださいね。

保管場所にも気をつけましょう。直射日光を避け、風通しのいい場所に保管することでカビや腐食を防ぎます。密閉されたところに保管すると、梅雨時など湿度が高くなった時にカビが生えやすくなりますので要注意です。

おすすめ木製プレート10選

1. カッティングボードがプレートに!「KEVNHAUN スクウェアカッティングボード&ランチトレイ」

ITEM

KEVNHAUN スクウェアカッティングボード&ランチトレイ

サイズ:約W380×D215×H20mm

¥2381〜 ※2018年5月12日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

leiamama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう