人気ハンドミキサーを比較!おすすめ商品7選

お料理やお菓子作りに便利なハンドミキサー!そろそろ買いたいと思っていても、たくさん売られていて性能やお値段もいろいろ。どれを選べばいいか迷ってしまいますね。選ぶポイントや人気商品をまとめました。ご自身にあったもの、見つけてみませんか?

比較するポイント1. ビーターの素材

当たりがやわらかな「プラスチック製」

プラスチック製のビーターは、泡立てるときボールに当たっても強い音がしづらい点が好まれます。ボールを傷つけにくいのも特長です。しかし粘り気の強い材料、重たい材料の際にはやや頼りない場合もあるので、どういったものを作りたいかによって選択しましょう。

耐久力の高い「ステンレス製」

耐久力で選ぶならステンレス製のビーターがおすすめです。粘性の強い材料もしっかりと混ぜやすいことから、ビーターはステンレス製のものが主流になっています。いろいろな形状があるので見比べて選びましょう。「金属のボールに当たる時の音が苦手」という方がいる一方、やはり丈夫さで選ぶ方が多いようです。

比較するポイント2. 機能性

回転速度

ハンドミキサーは、商品によって回転速度を3段階~10段階くらいまで変えられるものが多いです。回転速度は作業によって切り替えができたほうが便利なので、その使いやすさとお値段とのバランスから、3段階~5段階のものが人気があります。ハンドミキサー選びの大事なポイントのひとつですね。

定格時間

ハンドミキサーの連続使用が可能な時間のことを「定格時間」といいます。ハンドミキサーを選ぶときは必ず確認してください。定格時間の長さはモーターのパワーの違いですので、使用頻度を考えて選びましょう。目安としては、いろいろなお菓子作りに挑戦するなら、定格時間15分以上のものを選ぶとよいです。

サイズや重さなども考慮しましょう

ハンドミキサーは片手で持つことを考えて、重さをチェックしましょう。また使い勝手のよさを考えるとサイズや収納したときの大きさも重要です。さらに、コンセントからどのくらい離れて作業するかで、コードの長さを選んでください。これらは購入後の使いやすさに影響しますので、必ず確認してくださいね。

おすすめハンドミキサー7選

1. かわいくて機能も充実!「ドリテック(dretec)ハンドミキサー HM-704BR」

回転速度5段階切り替えの本格派です。「白物家電は味気なくて……」という方におすすめのかわいい配色ですね。色違いも2パターンあります♪ 収納ケースもついていて便利です。かわいい見た目に本格的機能!どちらもゆずれないという方にピッタリですね。

2. プラスチック製ビーターが人気!「パール金属 グッドアーティ 電動 ハンドミキサー プラビーター D-1120」

プラスチック製のビーターが使われている商品です。ビーターの先端部分が離れているので、洗いやすくお手入れが楽です。重さが650gと軽めなので、片手での操作も安心ですね。こちらも5段階の回転速度切り替えがついています。

3. 美しいフォルムに一目惚れ!「ビタクラフト クイックミキサー 3511」

特集

SPECIAL CONTENTS