ライター : pomipomi

会社勤めをしつつ、空き時間を利用してmacaroniのライターをしています。料理・創作・ヒュッゲ・沖縄が大好きな、湘南在住のグルメ女子です。YouTubeでは、簡単・おいしい・美しいをテ…もっとみる

巷で話題の「久世福商店」とは

みなさん「久世福商店」って知ってますか?読み方は「くぜふくしょうてん」。ファンの間では「くぜふく」と、愛着を持って呼ばれています。 ‟ザ・ジャパニーズ・グルメストア”をコンセプトに、全国から厳選された「うまいもの」を集めたセレクトショップです。日本の誇り高き生産者と共同開発したプライベートブランドも含め、約2,000品目の商品を取り揃えています。

「久世福商店」の人気の秘密

「日本の食」の魅力を再発見!こだわり食材

久世福のバイヤーさんは日々おいしいものを求めて、日本全国を駆け巡っています。そんな中で、日本にはだしや発酵食品に代表される旨みという独特な食文化があり、その奥深さを知れば知るほど、究極まで追求したいと思うようになったそうです。 実際に久世福で取り扱われている食材は、どれも希少でこだわりの逸品ばかりが勢ぞろい。お店に一歩足を踏み入れれば、「日本の食」の魅力にあらためて気付かされます。

アレンジの効くアイテムがたくさん!

久世福商店では、単体で味わう商品だけでなく、いろいろな食材と組み合わせてアレンジを楽しむことができるアイテムも豊富にラインナップしています。 公式ホームページでは、だしや醤油などの基本調味料を始め、ジャムやドレッシング、パスタソースなどを使ったさまざまなレシピを公開中。料理のレパートリーの幅がグンと広がりそうです。

ギフトにも喜ばれるパッケージ

久世福商店のもうひとつのコンセプトは‟大正時代”です。商品のパッケージやラベルもちょっぴりレトロで和のテイストが満載。シンプルながらもこだわりが感じられる、粋なデザインです。 いくつかの商品をピックアップして化粧箱に詰め合わせれば、ギフトやお土産としてもかなり活用できちゃいます。外国の方に差し上げても喜んでもらえそうです。

新店舗続々!通信販売でも

久世福商店は、北は北海道から南は沖縄まで、全国各地に次々と新店舗を展開しています。ショッピングセンターやアウトレットモールの一角にお店を構えていることが多く、「久世福商店」と大きく書かれた看板が目印です。 また、系列ブランドでもある「サンクゼール」のオンラインショップや、楽天、Amazonなどの通信販売でも、久世福商店の一部商品がラインナップしています。お店まで足を運ばずとも気軽にお買い物が楽しめるので、近くに店舗がない方や今すぐショッピングをしたいという方は、こういったものを利用するととても便利です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS