福島が誇る地酒「写楽(冩楽)」とは?シリーズ別おすすめ日本酒厳選

福島県の誇る地酒「写楽(冩楽)」をご存知でしょうか。東日本大震災後、2013年には全国の日本酒の中で第1位に輝きました。その写楽の魅力と、日本一になるまでの生産者の努力と行き着いた味、シリーズの商品を詳しく紹介したいと思います。

2018年4月16日 更新

福島日本酒ランキング金賞受賞!「写楽(冩楽)」の魅力

福島県を代表する地酒の銘柄「写楽」は、正式には冩楽、もしくは冩樂とも表記します。東日本大震災の後、全国新酒鑑評会において、福島部門で2013年から3年連続で金賞に輝いている栄えある銘柄です。

その名「冩樂」は蔵の名にもなっており、宮泉銘醸を代表する銘柄です。

製造元は「宮泉銘醸株式会社」

「写楽」の製造元である「宮泉銘醸株式会社」は、会津の老舗であった酒蔵の分家として創業し、昭和39年法人化し会社として設立しています。

「写楽」自体はそもそも、同じ会津若松市にあった東山酒造が廃業するにあたって引き継いだのがきっかけ。それが平成19年のことです。平成20年から販売開始され、瞬く間に全国の鑑評会でも評価されるような名酒となりました。

定番「純愛」シリーズの味は?

写楽 純愛仕込 純米酒

通年販売されている定番の商品「写楽 純米酒」。フレッシュなフルーツのような香りを持ち、すっきりとさわやかな口当たりで、なおかつキレもあるバランスのいい日本酒です。

すっきりとした飲み口のため、熱燗よりも冷やで飲むのがおすすめと言われています。温めるとしても、人肌程度がベスト。バランスよくクセのない味のため、どんな食事にも合うので食中酒として楽しむことができます。

商品概要

日本酒度:+1
度数:16%
1 / 8

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう