ライター : usagime

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

通関士として商社勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、天然酵母パンとスイーツを製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にやさしいものを追求中。趣味…もっとみる

サイフォン式コーヒーの繊細な旨味を堪能

サイフォン式コーヒーとは

サイフォン式というコーヒーの淹れ方は、下からアルコールランプでコーヒーの粉とお湯を混ぜたコーヒー液を温めて抽出する方法のことを指します。その始まりは諸説ありますが、19世紀のイギリスからと言われています。日本では、20世紀に入ってから国産コーヒーサイフォンが販売されました。

そもそもサイフォン式とは、コーヒーを抽出する際に用いられるサイフォンの原理に由来しています。サイフォンの原理とは、圧力を利用して液体を高い位置にあげることです。見た目はフラスコなどを使うため一見理科の実験のようでもありまますね。

サイフォン式コーヒーの味わい

サイフォン式コーヒーは、ドリップ式のコーヒーと比べると、やわらかで風味豊かな味わいを楽しむことができますよ。また、香りが立ちやすく、安定した味わいのコーヒーを淹れれることができるという点がサイフォン式の特徴です。

サイフォン式コーヒーの仕組み

パーツ

コーヒーを抽出するためのサイフォンは下部から、順にアルコールランプ、フラスコ、フィルター、ロートで構成されています。そしてフラスコの中にはボールチェーンが通っています。フラスコの中には水が、そしてロートにはコーヒーの粉が入れられ、抽出後には、フラスコ内にコーヒーができあがりますよ。

抽出の仕組み

サイフォン式では、サイフォンの法則と呼ばれる仕組みを使ってコーヒーを抽出します。まずは、フラスコ内に水、ロートにはコーヒーの粉を入れます。フラスコをアルコールランプで温めることで、内部の気圧が上がりお湯がロートへ吸い上げられ、コーヒーの粉と混ざり合います。

抽出完了後、加熱を止めるとフラスコ内の気圧が下がり、抽出されたコーヒーの液体のみがフィルターを通した後に下のフラスコに戻るという仕組みです。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ