サイフォン式の正しいコーヒー淹れ方とおすすめメーカー10選

サイフォン式とは、コーヒーの液を加熱してろ過することによりコーヒーを抽出する方法です。濃厚な味わいと香りをレトロな雰囲気を感じながら楽しんでみてはいかがでしょうか。コーヒーメーカーを利用すればご家庭でも楽しめます。

サイフォン式コーヒーの繊細なうまみを堪能◎

サイフォン式コーヒーとは

サイフォン式というコーヒーの淹れ方を知っていますか。サイフォン式とは、下からアルコールランプでコーヒー液を温めることでコーヒーを抽出する方法のことを指します。その始まりは19世紀のイギリスで、見た目はフラスコなどを使うため一見理科の実験のようでもありまます。

そもそもサイフォン式とは、コーヒーを抽出する際に用いられるサイフォンの原理というものに由来しています。サイフォンの原理とは、圧力を利用して液体を管を使って高い位置にあげることです。

サイフォン式コーヒーの味わい

サイフォン式コーヒーは、ドリップ式のコーヒーと異なる味わいを楽しむことができます。サイフォン式では、コーヒーの粉を水に付けて抽出するので、よりコーヒー豆の味を濃く、味わうことができますよ。

また、味だけでなく、香りもドリップコーヒーと比べると濃くなるという特徴があります。安定した味わいのコーヒーを入れることができるという評価もされているのがサイフォン式です。

サイフォン式コーヒーの仕組み

パーツ

コーヒーを抽出するためのサイフォンは下部から、順にアルコールランプ、フラスコ、フィルター、ロートで構成されています。そしてフラスコの中にはボールチェーンが通っています。

フラスコの中には水が、そしてロートにはコーヒーの粉が入れられ、抽出後には、フラスコ内にコーヒーが出来上がりますよ。

抽出の仕組み

サイフォン式では、サイフォンの法則と呼ばれる仕組みを使ってコーヒーを抽出します。まずは、フラスコ内には水が、ロートにはコーヒーの粉が入れらます。フラスコをアルコールランプで温めることで、内部の気圧が上がり水がロートへ吸い上げられ、コーヒーの粉と混ざり合います。

抽出完了後、加熱を止めるとフラスコ内の気圧が下がり、抽出されたコーヒーの液体のみがフィルターを通した後に下のフラスコに戻るのです。

ドリップとの違い

ドリップとサイフォンではその抽出方法の仕組みに違いがあります。ドリップはフィルターの中にコーヒーの粉を入れ、その上からお湯をかけることでコーヒーを抽出します。これは透過法と呼ばれるものです。

一方、サイフォンコーヒーでは、コーヒーの粉と水を混ぜてコーヒーを抽出した後、フィルターを通してコーヒーを作ります。これは水にコーヒーの粉を浸して抽出するため、浸漬法と呼ばれています。

サイフォン式コーヒーの特徴

メリット

サイフォン式の魅力は濃い味わいと香りを楽しめることです。コーヒーの粉を水に浸して抽出するため、ドリップ式よりもコーヒーの粉と水が長く混ざり合います。そのため、より味わいや香りを濃く感じることができるのです。

また、アルコールランプのやさしい明かりが柔らかな雰囲気を作りだしてくれるという魅力もあります。どこか懐かしいようなノスタルジックの雰囲気を楽しむことができるでしょう。

デメリット

サイフォン式のデメリットとしては、コストと手間がかかることが挙げられます。現在では、サイフォン式よりもドリップ式の方が一般的なコーヒー抽出手段であり、安価な道具、短い時間でコーヒーを抽出できます。

一方、サイフォン式でコーヒーを抽出するには、サイフォン式に必要な器具を揃える必要がある他、ドリップ式と比較すると手間もかかってしまいます。時間がない朝などにコーヒーを飲むことを考えると、ドリップ式の方がよいと感じる人も多いです。

サイフォン式コーヒーの淹れ方

パーツをセット

特集

SPECIAL CONTENTS