【冷蔵庫の賢い選び方】一人暮らしやご家族にもおすすめの製品9選

現代生活の必需品となっている冷蔵庫。新生活や引越しに備えて買い替えを考えている方も多いのでは?今回は冷蔵庫の賢い選び方のポイントと、重視する性能別におすすめの冷蔵庫をご紹介します。家族構成や料理のスタイルに合わせて賢く選びましょう!

2018年4月19日 更新

注目の冷蔵機能も要チェック!

野菜の新鮮さをキープ

最近の冷蔵庫は、野菜を新鮮に保存する機能に力を入れている製品も多くあります。新鮮なサラダを毎日食べたい方や、休日に野菜をまとめ買いするご家庭にもおすすめの機能です。

野菜の新鮮さをキープする機能には、潤いのある冷気を野菜室に循環させて、野菜から水分が抜けるのを防いだり、庫内の炭酸ガスの濃度を上げて野菜を冬眠状態にし、新鮮さを保つ手法があります。

真空チルド

チルド室の空気を抜いて真空の状態にし、食材が空気に触れて劣化するのを防ぐという「真空チルド」という機能がついた冷蔵庫も販売されています。

買ったその日にしか食べられなかったお刺身が翌日以降も新鮮な状態で食べられたり、使いかけの野菜がすぐ劣化するのを防ぐことができ、食材の楽しみ方の幅が広がりますよ。

微凍結

肉や魚をチルドよりは長持ちさせたいけれど、冷凍庫に入れてしまうとカチカチに凍ってしまう……という場合に便利なのが「微凍結」の機能です。

ブロック肉を微凍結して使う分だけ切り分けて調理したり、刺身のサク(ブロック売り)を安売りの時に多めに買っておいて保存できるので、食材をまとめて買いたい方におすすめの機能です。

お財布にも地球にも優しい省エネ性能

省エネ基準達成率

「省エネ基準達成率」とは、家電の省エネ性能をパーセンテージで表現した数値です。省エネ基準達成率の数値が高いほど省エネ性能が高く、電気代を安く抑えることができます

省エネ基準は、製品ごとに基準となるエネルギー消費効率の値が「省エネ法」という法律で定められています。省エネ基準に対してその商品がどれくらいの数値で達成しているかをわかりやすく示したのが省エネ基準達成率です。

家電量販店ではこの省エネ基準達成率が値札に記載されていますので、買う前にチェックしてみるとよいでしょう。
3 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

migicco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう