ダイニングテーブル&ソファおすすめ15選!選び方とレイアウト術も

くつろぎ空間であるダイニングに必須のテーブルとソファ。別売りの場合、テーブルとソファの相性抜群のデザインを見つけるのは至難の業ですよね。今回は別売りのほかに、セットで購入できるソファ&テーブルをご紹介します。

最近、カフェのようなダイニングのご家庭。よく見かけませんか?

カフェのようなダイニングにするには......

まるで、カフェのようなダイニング。お邪魔したお宅でレイアウトのポイントを聞くと、「目的を明確にすること」がデザインのコツなのだとか。目的さえはっきりしていれば、レイアウト次第ですっきり、おしゃれな空間をデザインすることができるんですね。ちなみに代表的なレイアウトは以下のふたつ。

・部屋を広く見せたいのならL字
・くつろぎ重視の平行

色使いでデザインを整える一方で、L字や平行のレイアウトを活かし、オリジナルの空間を手掛けてみてください。

ダイニングテーブルとソファのベストバランス

レイアウトで重要なのが、ダイニングテーブルとソファーのバランス。ダイニングでどんな作業をするかにもよりますが、ゆったりくつろぎ空間を作りたいというのは共通しているのではないでしょうか。例えば、テレビを見たり、読書をする空間を作る場合の高さ目安は、以下になります。

例)ソファーの座面:40cm
  テーブル:40~45cm

ソファーの座面に5cmプラスした高さが、テーブルのベストな高さと言われています。

ダイニングテーブルにおすすめのソファ5選

1. 秋冬にはこたつに大変身!二段階ソファー

お昼寝にぴったり。くつろぎモード全開のカウチソファー。足の取り外しが可能なので、秋冬になると、フロアソファーに大変身。こたつを使う際、わざわざソファーを移動させるという苦労もありません。季節によって使い分けができるのは、ポイント高いですよね。

2. ヴィンテージ感たっぷり♪ レザーソファー

アンティーク調のデザインを楽しんでいるダイニングにぴったりレザーソファー。PU素材なので、通気性も抜群。春夏の暖かい陽気でも長時間座っていても汗ばみません。触り心地がいいのもポイントですね。

3. 汚れにくいPVC素材が魅力。奥行きたっぷりのダイニングチェア

奥行きがあり、ゆったりとした座り心地が魅力のチェア。レイアウトもしやすく、チェア同士の間にテーブルを置けば、飲み物やお菓子を取ったりする際の移動も手間いらずですね。PVC素材なので、汚れにくいのもうれしいポイントです。

4. 生地が12パターンから選べる。ひじ掛け付きソファ

ソファーでゆったりしたい時。ひじ掛けがあるとやっぱり違いますよね。安定感が出て、読書やテレビを見ながらリラックスできます。12種類の生地から好みのデザインを選べるので、ダイニングの家具とのレイアウトにも悩みません。

5. さらっとした質感が心地いい。コンパクトソファー

狭いダイニングでも大活躍!おしゃれな室内レイアウトに一役買ってくれること間違いなしのコンパクトソファー。低めのダイニングテーブルに合わせやすいのも魅力です。こちらも生地が選べますが、特に、汚れや傷が目立たちにくいファブリック生地がおすすめです。

ソファ用ダイニングテーブル5選

特集

SPECIAL CONTENTS