ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

ベンチ付きダイニングのメリット・デメリット

ベンチ付きダイニングのメリット

ベンチ付きダイニングのメリットは、複数人で座れることです。ベンチは120cm以上のものが多く、小さいお子さんなら余裕をもって3人座ることができますよ。ホームパーティなら、大人も3人ぴったりくっついて座るスタイルになります。

また、普段使わないときはテーブルの下に収納しておくこともできるので、お部屋全体をすっきり見せることが可能です。

ベンチ付きダイニングのデメリット

ベンチ付きダイニングのデメリットは、多くのベンチには背もたれがないことです。通常の椅子のように背中を倒すことができないため、長時間座っていると疲れてしまうことがあります。商品によっては背もたれ付きのベンチがあるので、背もたれが欲しい場合は探してみるといいでしょう。

さらに、ベンチは椅子よりも大きく、重いです。掃除の際に移動させるのに苦労することがあります。

ダイニングベンチは間取りやインテリアに合わせて選ぶ

ベンチの形や大きさに注目して、6種類のベンチをご紹介します。ベンチはお部屋の間取りやインテリア、使うシーンと照らし合わせて選ぶことがポイント。ぜひ参考にしてくださいね♪

1. 「レザークッション」で座り心地重視

レザーチェアに合わせて、ベンチにもレザークッションを採用しているインテリア例です。背もたれがなくても座ったときのクッション性が心地よいですよ。くつろぎながら、おいしいコーヒーをゆっくり飲むことができそうですね。

2. 「テーブルの素材に合わせて」統一感UP♪

ベンチとダイニングテーブルの色や素材を統一することで、お部屋全体をすっきり見せています。あえてすべてバラバラにしてしまうのもありですが、ダイニングのスペースが狭い場合は統一してしまうほうが圧迫感を減らすことができますよ♪

3. 円形テーブルにも

「うちは円形テーブルなんだよね」という方でも安心の、丸テーブルにフィットしたベンチもありますよ。円形テーブルを対面で4人座るタイプが多いなか、ベンチで座れば5〜7人と奇数の人数でも対応できますよ♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ