ライター : koku_koku

とある郊外に在住。2児の母。 やや健康オタク。発酵、運動、いろいろ取り入れて風邪知らず。みなさんに「そうそう!こういうの知りたかった!」と思っていただけるようなものを書いて…もっとみる

ダイニングのベンチって使い勝手どう?

インテリアショップでも見かけることの多い「ダイニングベンチ」。 ダイニングテーブルと組み合わせると、とってもおしゃれですよね。でもそのベンチ、どう使えばいいのか疑問に思ったことはありませんか?使用する上でのメリット、デメリットから実用例などを詳しく解説していきます♪

ベンチのメリット

ベンチは120cm以上のものが多く、小さいお子さんなら余裕をもって3人座ることができます。ホームパーティなら、大人も3人ぴったりくっついて座るスタイルに◎。 また普段使わないときはテーブルの下に収納しておくこともできるのでお部屋全体をすっきり見せることができます。

ベンチのデメリット

子供と大人が一緒に座ると、テーブルとベンチの距離がつかみづらいので、食事をするのを不便に感じてしまうかもしれません。また背もたれがないことで、座り心地優先の方には不便に感じてしまいます。 しかしアウトドアやパーティーなどで活躍すること間違いなしなので、たくさんの方が使われるシーンや機会にもってこいですね♪

ダイニングベンチのおすすめレイアウト例

ベンチの形や大きさに注目して、おすすめのレイアウトをご紹介します。あなたのお部屋の間取りや使うシーンと照らし合わせてご覧くださいね♪

1. 「レザークッション」で座り心地重視

レザーソファーに合わせて、ベンチにもレザークッションを張った例です。背もたれがなくても座ったときのクッション性が心地よくおいしいコーヒーをゆっくり飲むことができそうですね。

2. 「テーブルの素材に合わせて」統一感UP♪

ベンチとダイニングテーブルの色や素材を統一することで、お部屋全体をすっきり見せています。あえてすべてバラバラにしてしまうのもありですが、ダイニングのスペースが狭い場合は統一してしまうほうが圧迫感を減らすことができますよ♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS