「電気湯沸かし器」って?低コストの理由や選ぶときのコツも

「電気湯沸かし器」とはどんなものか知っていますか?安全性が高く、低コストな湯沸かし器だと聞けばあれこれと知りたくなる人も多いのでは。今回は仕組みやメリットに合わせ、湯沸かし器の種類とガス湯沸かし器との違いもご紹介します♪

電気湯沸かし器の仕組みって?

電気湯沸かし器は電気温水器とも呼ばれる、給湯器の種類のひとつです。電気の力でヒーターを温め、そのヒーターが水を温めてお湯になります。

あらかじめヒーターで温水を作り大きなタンクに貯水し、タンクのお湯を蛇口や給湯器から使用するという仕組みです。巨大な保温ポットのようなものだと考えるとわかりやすいですよ♪

電気湯沸かし器のメリットとデメリット

メリット

最大のメリットは安全であること。ガス給湯器だと不完全燃焼を起こして一酸化中毒を引き起こすリスクがありますが、電気湯沸かし器は電気を使用して水を温めるのでそのような心配がありません。寿命もガス湯沸かし器に比べると長く、ガス給湯器が10年ほどなのに対し電気湯沸かし器は20年ほどと言われています。

また、タンクにお湯が貯まっている状態を維持するので、災害時などガスが使えない場合でも、貯水量がある限りお湯が使えるんです。

デメリット

デメリットとしては、貯水式であるため使用する湯量が多いとお湯切れを起こす可能性があること。

普段は使えていても、来客などで使う湯量が増えるとお湯が出なくなってしまう可能性もあります。また給湯器自体が大きく、設置場所も限られているのが特徴。基礎工事も必要なので、住宅によっては設置ができない場合もあるようです。

新規設置費用は一般的にガス湯沸かし器の倍と言われていますが、ランニングコストは低いので、トータルコスト的には必ずしもデメリットではないでしょう。

使い方で選びたい電気湯沸かし器の種類

フルオート

ボタンひとつでお湯張り・自動保温・足し湯までしてくれるフルオート。

あらかじめ湯温と湯量を設定しておくと、お湯を張ったあとでも温度が下がると設定温度までヒーターが温めてくれます。お湯が少なくなった場合は設定湯量まで足してくれるので、お世話が一切必要ないのは楽ちんですよね。

家族の入浴時間がバラバラでも自動で常に適温・適量を保ってくれるので、帰宅が遅くなってもすぐに温かいお湯に入ることができますよ♪

セミオート

セミオートは、フルオートの自動保温機能がないタイプのことをいいます。お湯張りと足し湯ができればいいという場合はこちらのセミオートがおすすめ。

自動保温は常に適温にしてくれるのが便利ですが、必要ないときまで保温してしまうとその分電気代もかかってしまいます。お風呂を使用する時間が全体的に長くなく、自動保温の必要が少ない場合や、電気料金を抑えたい場合は自動保温の機能をカットしても問題ないでしょう♪

給湯専用

蛇口をひねるとお湯が出るというシンプルな仕組みのみの給湯専用タイプもあります。

お湯張りや足し湯などのオート機能は一切付いていませんが、本体の価格もフルオートタイプの2分の1以下、セミオートタイプの2分の1~3分の2ほどとリーズナブル。新規設置費用、ランニングコストも合わせて考えると一番低価格なのはこのタイプです。

ただ、お湯を止め忘れるとどんどんタンクのお湯が減ってしまうので、お湯張りの管理は必須になります。

ガス湯沸かし器と徹底比較!

ランニングコスト

気になるのはやはりランニングコスト。ガス湯沸かし器と比較すると、電気湯沸かし器の方がランニングコストは低いんですよ。

電気湯沸かし器は、電気代の安くなる深夜に電力を使って水を温めて貯水するので、一度にお安くお湯を作るわけです。

これに対しガス湯沸かし器の場合はお湯を使用するたびにガスを使用するため、一日に何度もガス代がかかっていることになります。

また、ガス湯沸かし器は室外にあるため蛇口への距離が遠い上に、都度水を温めてお湯にするのでお湯が出てくるまで時間がかかります。一方、電気湯沸かし器は元々貯まっているお湯を使用するので、無駄にする水量が少なくて済み、水道料金も安くなると言われているんですよ♪

シャワーの勢い

シャワーの勢いにはこだわりがある人も少なくないのでは。シャワーの勢いに関しては、ガス湯沸かし器に軍配が上がります。ガス湯沸かし器は水道管から直接つながっているため、水道圧があるので蛇口から出てくるお湯にも勢いがあります。

対して電気湯沸かし器はタンクに貯水されたものを使うので、水道圧がない上に圧力調整の弁が付いているのでお湯の出量が少なく、勢いが弱いとされています。

特集

SPECIAL CONTENTS