木のまな板の選び方やお手入れのコツを伝授♪ 丁寧に暮らそう

普段、ご自宅でどんなまな板を使っていますか?今回ご紹介するのは「木のまな板」です。木といっても、いろいろな種類があります。その種類やお手入れ方法、木のまな板のメリットなどを掘り下げました。通販で購入できるものものせていますよ♪

2018年4月19日 更新

素材

木のまな板の素材にはいろいろな種類がありますが、ヒノキとイチョウが一般的です。ヒバ・桐・ホオノキを使って作られるまな板もあります。ヒノキは乾燥に強いことや水切れのよさから、まな板として優秀な素材です。

イチョウは、木自体がほどよく油を含んでいるので水はけがとてもよい素材です。まな板の素材としては古くから親しまれていますが、抗菌作用がないこともまた特徴のひとつ。防腐処理がされていれば、カビが生えずらいので安心ですね♪

大きさ

木のまな板は、大きさにもいろいろな種類があります。生活環境や、使用目的に合わせて選ぶのがオススメです。まず見るポイントは、シンクの大きさ。狭いキッチンに大きなまな板を置いてしまうと、使いづらくなってしまいます。

ひとり暮らしで小さめのキッチンの場合は、奥行きは20cm以下が使いやすい大きさ。キッチンの広さに合わせてまな板を探すと安心です。用途に合わせて、野菜用に大きめを1枚、お肉用にコンパクトなものを1枚、といった複数持ちという方法もあります。

おすすめ木のまな板5選

1. スタンド付きでお手入れ簡単「食器洗い乾燥機対応 ひのきまな板」

ヒノキで作られたまな板。木のまな板としては珍しく、食洗機に対応しています。角にスタンドが備え付けられているので、コンパクトに乾燥・収納が可能です。ウレタン樹脂塗装により、黒ズミやカビになりづらく、お手入れも楽チン。

2. 一枚一枚ハンドメイド加工「katajiya 木製まな板 国産 いちょう」

国産のいちょうを、一枚一枚丁寧にハンドメイド加工した木のまな板です。いちょうならではの独特の感触は、一度使うとクセになると言われています。まな板にキズが残りにくく、包丁を傷めない、あたたかみのあるひと品です。
2 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Temi

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう