ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不安をやわらげる、心と体にや…もっとみる

ワインラックでワインをおしゃれに保管!

ワインラックとは

複数のワインを保管したいとき、そのままキッチンなどに並べると雑然としてしまうもの。ワインラックはワインをおしゃれに、かつ安全に収納したいときにおすすめです。

なかにはデザイン性にすぐれたワインラックがあり、ワインを収納すると同時にお部屋の雰囲気もぐっとスタイリッシュにすることが可能ですよ。

ワインラックを使うメリット

ワインラックを使うメリットは、なんといってもワインを見分けやすく整頓することができる点。キッチンに立てておくと、どこにどんなワインがあるのか分かりづらくなってしまったり、うっかり転倒させてしまったりする場合もあるでしょう。

アイアンや木製のワインラックは製品自体に雰囲気があり、インテリアとしてもうってつけ。また、壁掛けタイプのワインラックを使えば、お部屋の一角をムーディーに演出することができますよ。

ワインラックの賢い選び方

収納できる本数

ワインラックによって収納できる「最大本数」は異なります。普段からワインをどの程度飲むか、どれくらいの本数をストックしておきたいかによって、必要な収納本数を考えてみるとよいでしょう。

卓上に設置する、いわゆるワインホルダータイプは、1〜2本程度と少数ですが、ホームパーティーのような複数人が集まる場面では十分に活躍してくれますよ。多いものでは20本入るものがありますが、普段使いなら5~6本入るタイプで十分です。ワインをコレクションするなら拡張性があるタイプのワインラックを選べば心配ないですね。

設置場所

ワインを保管する場所にはいくつかの条件があります。まずは「暗い場所」であること。ワインは直射日光だけでなく蛍光灯の光も嫌います。理想的な温度は15℃前後と涼しく、さらに温度変化が少ないことが大事。

床下の冷暗所に置く場合は、取っ手が付いた安定感のあるタイプ、ある程度スペースを確保できる北側の押し入れや倉庫に保管する場合は、丈夫なステンレス製がおすすめです。ワインのストックが常にあるわけではない人や、スペースを確保できない人には、折りたたみタイプがぴったりですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ