ライター : モモタモモコ

旨い酒と旨い肴が好きなアラサー自炊派おなご。

実はお掃除にとっても便利!重曹とクエン酸

お菓子をふっくらと膨らませたい時や、山菜等のアク抜きをしたい時に使う重曹。清涼飲料水の酸味料や、サプリメントとして使用されるクエン酸。実はこの重曹とクエン酸、家の中のお掃除にもとっても便利なんです! 両方とも口に入れても害のない素材ですから、小さなお子様やペットがいるご家庭でも安心して利用できます。何よりいろんな洗剤を買い揃えるよりもとってもリーズナブル。ぜひ使い方をマスターして活用してみて下さいね。

「重曹」の特徴と使い方

性質や特徴

正式な名称は炭酸水素ナトリウム。中学校の理科の使った事があるなぁ、なんて方もいらっしゃるかもしれません。水に溶けると弱いアルカリ性を示し、ガスコンロ周りや五徳の油汚れや焦げ付きを落とす時に便利。また金属の錆び落とを落とす事もできます。 もちろん粉末のままでも使用できますが、研磨効果があるので傷をつけたくないものを掃除する場合は水に溶かします。冷たい水には溶けにくいので、ぬるま湯に溶かすと良いでしょう。

得意な汚れと苦手な汚れ

換気扇等のしつこい油汚れを落とすことはできません。重曹2に対し水1を混ぜた物に金属のアクセサリー等をつけておき、古布等で磨けばサビが落としができますが、研磨効果が強いので傷をつけたくない場合は要注意。またアルミに使用すると変色してしまいます。 重曹には消臭効果もありますが、同じアルカリ性のアンモニア臭を消すことはできません。同じくアルカリ性の水垢にも効果がありませんが、水垢には後述のクエン酸が効果的です。

粉末のままでも、水に溶かしても使えます。

焦げ付いた鍋にお湯を沸かし重曹(湯200mlに対し大さじ1目安)を加えて10分煮込み、冷めてから擦り洗いをすると焦げがよく落ちます。コンロの五徳の油汚れや焦げ付きも同じ方法で落とせますよ。 土鍋やグラスなど洗剤の香りをつけたくない食器を洗うときには、洗い桶に重曹大さじ1~2を加えて1時間程つけ置きしてからスポンジで洗い流うと良いです。この方法で茶渋もよく落ちます。粉末を靴箱の隅に入れておけば消臭効果も。

「クエン酸」の特徴と使い方

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS