おしゃれな「ガラスポット」を使いこなそう!選び方とおすすめの商品も

おいしい紅茶やハーブティを飲むためには、それを楽しむ「食器」も大切。美しく彩られた陶器も素敵ですが、茶葉の様子をじっくり見ながらその時間を楽しむのもおすすめ。今回はガラスポットの手入れの仕方や選び方、おすすめ商品をじっくりご紹介します♪

2018年3月6日 更新

ガラスポットの選び方

ポットの形

ポットは丸い形がおすすめです。ハーブティや紅茶を淹れる場合、乾いた茶葉に熱湯を勢いよく注ぐと、湯の対流によって茶葉がポットの中をくるくる動くように見えます。おいしい紅茶を飲むためには、温度が重要です。しかしせっかく温度管理に成功したとしても、茶葉が湯の中でしっかり踊らないとおいしいお茶を飲むことができません。

そのため、上手に湯が対流するような丸みのある形は重要です。かわいいフォルムは、見た目の美しさだけではない大切な理由があるんですね。用意するときは飲む人の人数に合わせて選ぶのがおすすめです♪

直火が使えるか

直火が使える耐熱性のポットはとってもおすすめです。

普段陶器などをお使いの方はやかんで湯を沸かしている間、ポットやカップの中をお湯で温めている方も多いのではないでしょうか?ティーパックを使う場合でも、カップをあらかじめ温めておけばおいしく飲むことができますよね。お茶をおいしく飲むためには急激な温度変化はご法度。それはガラスポットでも同様なんですよ。

もしこの手間が面倒と感じた方には、直火ができるポットがおすすめ。沸騰したお湯に茶葉(またはティーパック)を淹れて数分待つことでおいしいお茶を楽しむことができますよ。やかんとポット、2つを準備する必要がなくなるところもいいですよね♪

湯切り口

お茶を淹れる際に大事な工程のひとつである「湯切り」。

1番最初に淹れたお湯をポットの中に1滴も残すことなく飲み切るのが、おいしく飲むためのコツ。それを「ゴールデンドロップ」と呼びます。茶葉が湯に浸ったままだとえぐみが出てしまい、2度目に湯を足してもおいしく飲むことができなくなってしまうのです。

ポットに湯切りが付いているものがあると、茶葉と湯を完全に切り離すことができて、2杯目もおいしく飲むことができますよ。

ガラスポッドにはこの湯切りが簡単にできる茶こしが付いているものがたくさん売られています。ベストなタイミングで飲むことができるので使い勝手がとてもいいですよ。
2 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

koku_koku

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう