キッチンタオルのおすすめ商品20選!用途別で選び方のポイントも

キッチンタオルには紙製と布製があります。布製は食器を拭いたり、台所の汚れをさっと拭き取ったりできる万能アイテムです。消耗品なので何枚あっても嬉しいですよね。今回はキッチンタオル選びのポイントとおしゃれで使いやすいおすすめ商品をご紹介します。

2018年3月7日 更新

通販で買えるおしゃれなキッチンタオル20選

キッチンタオルは、キッチンを掃除したり食器を拭いたりとさまざまな用途に使え、そのデザインでキッチンをおしゃれに彩ってくれるアイテムです。

布のキッチンタオルを選ぶときは吸水性に優れたものがおすすめ。タオル地やワッフル地など織り方の違うものや、リネンやコットンなど素材の違うもので用途を変えることができます!キッチンのワンポイントアイテムとして、センスがよく、使いやすいものを選びたいですね。

キッチンタオルとキッチンペーパー、どこが違う?

キッチンペーパーは、水切りや吸油などに使うために作られた紙製の商品です。2枚ひと組でエンボス加工をしたものや、アク取りなどに使えるフェルトタイプがあります。

一方、キッチンタオルには紙製の商品と布製の商品があります。紙製は基本的には使い捨てですので、油取りや掃除に使うものが多く、布製のものは台拭きや食器を拭いたりするのに使われます。

キッチンタオルの比較ポイント

使いやすい大きさは?

日本で「ふきん」として販売されているキッチンクロスの多くは30cm×30cmです。また、大判のものですと58cm×58cmがあり、このサイズだと大きめのお皿も包むように吹くことができて便利です。

45cm×65cmの細長いサイズは、ディッシュクロスとして便利な大きさです。大きさに決まりがあるわけではないので、ご自身の使いやすいクロスを選んだり、綿素材の手ぬぐいもキッチンクロスの代わりにすることができます。
1 / 7
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

misokko1

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう