ライター : macaroni 編集部

キッチン泡ハイターとは?

Photo by macaroni

従来のハイターを使いやすい泡タイプにしたのが、この「キッチン泡ハイター」です。単に液体を泡に変えただけではなく、濃縮タイプから薄めずに使う方法へ変更し、使い方も浸け置きから直噴方式になっています。いつでもすぐに手軽に使えるようになって便利ですよね♪ 液体と違って粘着力があるので、三角コーナーや排水口のごみ受け、キッチンのタイル面にも使いやすい製品になっています。

キッチンハイターとの違い

キッチン泡ハイターは液体のキッチンハイターと同様に、塩素系(次亜塩素酸ナトリウム主体)の台所用漂白剤です。漂白だけでなく、除菌や消臭効果もあるのが特徴。 大きな違いは、液体のキッチンハイターが薄めて使う浸け置き用なのに対して、キッチン泡ハイターは薄めず、対象物にダイレクトに吹きかけて使います。 液体のキッチンハイターで漂白には30分以上かかりますが、泡ハイターは除菌・消臭で30秒〜2分、漂白で約5分と時短なのも嬉しいですよね!

Photo by macaroni

基本の使い方

まな板の除菌消臭

基本的な使い方はノズル先端部を「」に合わせて、対象物から約10cm離して直接スプレーしましょう。10cm四方当たり、5回スプレーが目安です。使う際は強い刺激があるので、目には絶対に入らないように充分に注意し、必ず換気をしながらマスクや手袋を着用するようにしましょう。

プラスチック製まな板の場合は、泡を約30秒かけたままにして洗い流します。表面がやわらかい木製品などほかの素材は、約2分かけ置きにして流水で30秒以上洗い流しましょう。

排水口のぬめり取り

汚れをできるだけきれいに洗い落としてから使用しましょう。ぬめり取りには泡を吹きかけて5分以上置き、流水で30秒以上洗い流します。シンクや壁などにも飛び散っている可能性があるので、周囲も注意し、よく流しましょう。充分に洗い流さないとサビたり変質することがあるので要注意! 作業する際は、目に入ったりしないようメガネや作業用のゴーグルの着用をおすすめします。対象物に近寄り過ぎると跳ね返って来るので、こちらも注意が必要です。

そのほかの使える素材

使える素材の幅は広く、プラスチック製品(メラミン除く)、ステンレス製品、シリコン製品、人工大理石、陶器、木・竹製品などはOK。紙のように浸透しやすいものや、変色しやすい素材、水洗いできないものは使わないよう気を付けましょう。 材質が不明なものや木製品は稀に変色することがあるので、目立たない場所で確認してから全面に使うのがおすすめです。表面が比較的に硬質ものはほとんどが大丈夫みたいですよ!

使えない素材

使えない素材としては、メラミン食器、漆器、金属製品(ステンレス除く)、獣毛のハケ、水洗いできない製品などになります。 洗剤が浸透しやすかったり洗えないもの、キッチン泡ハイターの成分(塩素)と化学反応を起こしてしまう物質には使えませんので注意しましょう。天然素材などデリケートな材質や多孔質の材質には要注意です。 冷蔵庫の表面に使う場合は洗い流せないので、使う場合はウェットティッシュなどで徹底的に拭き取ることを忘れないようにしてくださいね♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ