ご飯をおいしく保温♪「電子ジャー」のおすすめ商品15選

電熱で保存する電子ジャーは、ご飯を温かい状態で保存しておけて便利ですよね。炊飯器にその機能がついている製品が大半ですが、保温専用の電子ジャーもあります。保温機能は性能がアップし、硬くなったり変色を防いだり、長時間保温できるものもありますよ。

2018年3月3日 更新

電子ジャーとは?

ジャーとは保存容器の意味で、保温機能を付けてご飯をおひつに移さず保存する電気炊飯器を、当初は電子ジャー(あるいは炊飯ジャー)として売り出したことに由来しています。

一方炊飯器は電気やガスを熱源としてご飯を炊く器具のことで、以前は保温機能が付いていませんでした。保温機能付きの商品が一般的になってくると区別されなくなり、最近ではどちらもほぼ同じものを指しているようです。電子ジャー炊飯器や炊飯のみの電気炊飯器、保温のみの電子ジャーなど、区別して販売しているメーカーもあります。

最近は保温機能のバリエーションが豊富で、商品によっては保温だけではなく、ご飯の劣化を抑える機能が付いていたり、細かい温度調整ができたりします。煮込み料理やケーキなど、ご飯以外のものを調理できる機能が付いた商品も多くあります。

保温専用電子ジャー5選

ガス炊飯器を使ったり、土鍋を使ってご飯を炊く場合に、ご飯を温かい状態で保温しておきたい時には保温専用電子ジャーが必要になります。炊飯機能がないので、シンプルで使いやすいものが多いですよ。

1. 家族向けでお手頃価格「タイガー 炊きたて JHG-A110」

家族向けでお探しなら、6合サイズのこちらのサイズがおすすめ。価格もお手頃な値段で購入でき、省電力で構造もシンプル。洗うのも簡単でお手入れしやすいところが人気ですよ。電気炊飯器を使わない方に支持のある商品です。

2. 4合タイプでコンパクト「タイガー JFOA070」

4合タイプで0.8kgほどしかないコンパクトなタイプがお好みなら、こちらの商品はいかが。電気を使用せず、断熱材で保存する保温びつです。2時間ほどご飯の温かさが持続し、約70℃に保温されているので、食べやすい温度になっています。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Raico

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう