おすすめの「牛刀」8選!こだわりの1本でおいしく料理を作ろう

普段の料理でどんな包丁を使っていますか?実は普段使っているかもしれない「牛刀」という包丁について今回はご紹介します。切れ味の良い包丁で料理するときっと味も変わってきますよ!主婦に人気の包丁もご紹介しますのでお好みの包丁を見つけてくださいね!

2018年3月3日 更新

牛刀とは

世界で使われる洋包丁

牛刀は洋包丁に分類される包丁で、実は1本あればメイン料理からデザートまで作れてしまう万能包丁なのです。

西洋では昔から肉食文化で大きなブロック肉や魚を切るのに、体重をかけて押し切りをしていました。引き切りではかたまり肉は切れませんので、牛刀を用いて鋭い刃先を押し込み切ります。

牛刀は名前からして、お肉専用の包丁と思われがちです。かたまり肉の切り分けだけではなく、魚捌きや野菜を刻んだり、果物の皮むきまで1本でできてしまいますよ♪

三徳包丁との違い

三徳包丁は刃渡り15~20cm。幅広で、包丁の背の部分は緩やかな反り具合をしています。逆に牛刀ですが、背中の部分は鋭く反り、幅が狭く刃渡りは20~30cmと大きめです。

牛刀の方が三徳包丁より鋭利で、刃渡りが長いことが外見上の違いと言えます。お肉のかたまりや白菜、キャベツなどの大きい野菜を切る場合は牛刀が向いています。そうでない場合は三徳包丁で十分調理が可能です。

牛刀の魅力

1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

riku_mama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう