ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

キッチンハイターとは

主な成分

キッチンハイターとは、薄めて使用する台所用漂白剤のこと。次亜塩素酸ナトリウムを主成分に、界面活性剤、水酸化ナトリウムなどが含まれています。キッチンハイターは漂白や除菌に使われるイメージがありますが、洗浄成分がプラスされているので、軽い汚れを落とすことができるのが特徴です。

使用用途

キッチンハイターは、除菌・消臭・漂白の3つの目的で使われます。漂白の効能は、日々の積み重ねてこびりついてしまったコーヒーや紅茶の茶渋を落としたり、まな板に入り込んでしまった汚れを除去する効果にも繋がります。

使えるものと使えないもの

キッチンハイターが使えるのは、色や柄のついていないふきんやおしぼり、プラスチック製品、シリコン製品、ナイロン製品、陶器、ガラス、木・竹製品など。木製品は稀に変色することがあるので、心配な場合は目立たない場所に少量つけて、確認してから使うようにしましょう。 使えないものは、色物や柄が入った繊維製品、金属製品、メラミン食器、漆器など。他にも多々あるので、「塩素系洗剤使用不可」と表示のあるものは使用しないようにしましょう。

使用上の注意点

塩素系のキッチンハイターは、酸性タイプの製品と混ざると有毒ガスが発生する危険性があります。洗剤だけでなく、生ゴミ、お酢、アルコール類もガスが発生する可能性があるので、使用する際は十分に注意しましょう。 とても強い効能を持つので、原液では使わず、表示通りに薄めて使用するのもポイント。直接手につかないように掃除用手袋をし、衣類や敷物に液がつかない様に注意しながら作業してください。

キッチンハイターの使い方

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS