「メープルシロップ」にはグレードがある!? 見分けるコツも伝授!

ホットケーキにかけたりお菓子の風味づけに使用したりするメープルシロップですが、どんなものなのか具体的にご存知でしょうか。メープルシロップの原材料から栄養素、グレードによる違いなどを詳しく紹介していきます。

メープルシロップとは?

メープルシロップとは、カナダの国旗のデザインにもなっているサトウカエデなどの樹液を原材料とした甘味料です。その名のとおり「maple(メープル)」で作ったシロップということ。樹液は無色透明ですが、これを煮詰めて濃縮することで私たちのよく知るメープルシロップになります。

メープルシロップは、100gあたりのカロリーが256kcalほど、糖質は68gほどです。砂糖に比べるとやや低く感じますね。

はちみつとは何が違うの?

どちらも原材料である植物の蜜の主成分はショ糖です。しかし、メープルシロップが樹液を煮詰めて作られるのに対し、はちみつはミツバチの体内酵素によって作られます。ミツバチの酵素で成分は分解され、ブドウ糖と果糖に変わります。ほかの成分では、はちみつの糖分が多く、メープルシロップはミネラルが豊富。ビタミンははちみつの方が多いです。

はちみつはねっとりと甘みが強いのが特徴。メープルシロップはサラッとしていて自然の風味が強いと言えます。

何が違う?いろんなメープルシロップの見分け方

原産国の違い

メープルシロップの主な原産国でもっとも有名なのはカナダです。カナダのなかでも特にケベック州やオンタリオ州が産地として知られており、世界に流通している7~8割のメープルシロップがケベック州のものであると言われています。そのほかアメリカの北東部や、日本の埼玉県、山形県などでも生産されています。

カナダでは厳しい品質基準があるため、迷ったらまずカナダ産。最高の味であることは保証されています。

原材料の違い

「メープルシロップ」とひと括りにしても、純粋なメープルシロップではないものも多くあります。例えば、メープル風味のシロップやケーキシロップなどがそれにあたります。1Lのメープルシロップを作るにはその何十倍もの樹液が必要になるためとても高価ですが、ガムシロップやブドウ糖、水あめを原料としたシロップは安価なので手軽に味わえます。

4つのグレードによっても味が違う

樹液の収穫時期やメープルシロップの色、香り、沈殿物の有無などによって基準を満たしたものが「ゴールデン」「アンバー」「ダーク」「ベリーダーク」の4つのグレードに分けられます。

ちなみに、2016年まではゴールデンが「エキストラ・ライト」、アンバーは「ライト」「ミディアム」、ダークは「ミディアム」「アンバー」「ダーク」、ダークは「ダーク」と細かく分けられていました。

ゴールデン/デリケートテイスト

その名のとおり、透き通るような黄金色が特徴的なゴールデン/デリケートテイスト。早い時期に収穫される樹液は糖分を多く含んでいるため加熱時間が短く、そのためこのような薄い色合いに仕上がります。繊細な味わいが特徴なので、メープルシロップの強い香りが苦手な方にもおすすめ。パンやヨーグルト、お菓子にそのままかけるシンプルな食べ方が合います。

アンバー/リッチテイスト

ITEM

メープルシロップ モン・ファボリ メープルシロップ

カナダのケベック州産メープルシロップです。アンバー(リッチテイスト)のメープルシロップです。原材料は楓の樹液のみで作られ、保存料や着色料は使っていません。

¥693〜 ※2018年2月14日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
アンバー/リッチテイストのメープルシロップはきれいな琥珀色が特徴。ゴールデンのあとに収穫された樹液で作られます。日本で多く流通しているのがこのグレードなので、馴染み深い味わいです。

ゴールデンと同じくシンプルに味わうのもいいですが、風味が強めなのでお菓子の材料として使うのがおすすめです。

ダーク/ロバストテイスト

ITEM

オーサワの有機メープルシロップ

カナダ産のミディアム・グレードの有機メープルシロップです。サトウカエデ樹液を濃縮したシロップです。香りがよく質の高いシロップです。液垂れしにくため、取扱いが楽々です。

¥1242〜 ※2018年2月14日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
ダーク/ロバストテイストは、アンバーのあとに収穫される樹液で作られます。アンバーからさらに深い色合いになり、味と風味も際立ちます。そのため、味の濃い料理、例えば肉や魚などのメイン料理に使用するのがおすすめです。メープルシロップの風味が負けることなく、しっかり生かされます。

特集

SPECIAL CONTENTS