ライター : 白井シェル

フリーライター

お家で過ごすことが大好きなフリーライターです。料理やインテリア、生活雑貨など暮らしに関するジャンルが得意です。

カレーがおいしくなるカレー皿の選び方!

大きさとフチに注目

カレーを盛りつける食器を選ぶときに、最初に考える必要があるのはその大きさです。大きすぎるのはスペース的にも問題ですが、もちろん小さくてこぼれてしまうのは問題外ですよね。大きさとしては直径が25cm程度が目安となるでしょう。また、カレーはある程度の深さが必要。そのため、フチがしっかり盛り上がっているものを選んでくださいね。

カレーの色とのコントラスト

カレーとお皿の色合いも、仕上がりに大きく左右します。カレーが映える色合いといえば、やはり白でしょう。さわやかで思わず食欲も増すような仕上がりになります。また、相反しますが黒いお皿もおすすめ。こちらはシックでおしゃれな仕上がりになりますよ。お皿の色で印象がだいぶ変わってくるので、お気に入りの色合いを探してみてはいかがでしょうか。

形は楕円だけじゃない!

カレー皿の形というと、昔から楕円形が一般的ですよね。しかし、“カレー皿は楕円形”と決めつけないで、いろいろな形のお皿に盛りつけてみてください。例えば四角いお皿だと、スタイリッシュでおしゃれな仕上がりに、丸いお皿だと、かわいい仕上がりに。どちらもカフェ風のカレーに大変身しますよ。

個性派必見!異色&本格カレー皿

ステンレス製のカレー皿

ステンレス製のカレー皿を使うと、シンプルでカレーのおいしさがストレートに伝わってくるようですね。インドではお馴染みで、インドカレーの食器はステンレス製であることが多いです。特徴としては、扱いやすく軽いこと。また、割れにくく洗いやすいので、カレーを入れるのにぴったりなんです。

ちなみに昭和時代、とりわけ昭和30年代までのカレーライス(ライスカレーとも呼ばれていました)でもステンレス製のお皿はよく使われていました。そのためかどことなく懐かしい雰囲気もありますよね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ