雪平鍋のサイズの選び方

16cm

雪平鍋のなかでも小さめの16cmは、ひとり暮らしのお料理にぴったり。ひとり分のお味噌汁や煮物、インスタントヌードルなどを簡単に作ることができます。また、ソースを作るのにも重宝する大きさなので、お料理好きの方はひとつ持っておくと便利ですよ。内径が小さい分、深さがあるものを選ぶと使い勝手がよくなります。

18cm

18cmの雪平鍋は、コンロの上や収納場所でスペースをとらず、扱いやすい大きさ。2〜4人分までのお味噌汁や煮物を作るのにぴったりのサイズなので、もしひとつだけ雪平鍋を買うなら、この18cmがおすすめです。

20cm

20cmの雪平鍋は、カレーや煮物など、一度にたくさん作るお料理も難なく調理できるサイズです。たっぷりとお湯が入るので、パスタやお野菜などをゆでるのにも適しています。

24cm

24cmの大きさがあれば、大人数の汁物や煮物、お魚の煮付け、大きめの野菜をゆでるのも簡単です。口が広くて注ぎ口がついているので、お出汁をとるのに便利♪ ほかのお鍋に比べて軽い雪平鍋は、サイズが大きくなっても扱いやすいですよ。

おすすめ雪平鍋5選

1. 遠藤商事「AYK7301」

ITEM

遠藤商事 AYK7301

¥3,064

サイズ:内径 160mm / 高さ 67mm 重量:0.47kg 容量:1.2L 材質:ステンレス

※2020年4月24日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

テフロン加工で焦げ付きにくい!

熱伝導率がいい雪平鍋は、焦げ付きやすいのが難点。しかしこの雪平鍋は、内側をテフロンで加工されているので、焦げ付きづらいのが特徴です。取っ手は、腐食に強いステンレスを採用。火が直接当たっても焼けることがなく、丈夫です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS