4. ドリップ

Photo by 今野直倫

コーヒー粉全体にお湯が浸透したら30秒ほど待ちます。その後、3回に分けてゆっくりお湯を注いでコーヒーを抽出していきましょう。

5. できあがり

Photo by 今野直倫

サーバー内に120ccのコーヒーが抽出されたら、ドリッパーを外してドリッパー受けに置きます。カップにコーヒーを注いだら、おいしいコーヒーのできあがりです。

コーヒーをペーパードリップで淹れる簡単なコツ

上で紹介したペーパードリップの淹れ方をすればおいしいコーヒーが作れます。でも、少しだけコツを押さえることで、もっとおいしいコーヒーを淹れられるんです!

どれもひと手間加えれば簡単にできることなので、ぜひ試してみてくださいね。

お湯は少し冷ます

Photo by 今野直倫

コーヒーを淹れるとき、もしかしたら沸かしたてのお湯を使っていませんか?実は、グツグツに沸騰してすぐの熱湯を使うと、苦味やエグ味が出やすくなってしまうんです。

お湯を沸かしたらしばらく待って温度を下げてあげましょう。温度計を持っている方は、温度を測って85度くらいを目安にしてくださいね。

豆は粗めに挽く

Photo by 今野直倫

コーヒー豆を粉に挽くとき、砂漠の砂のようにサラサラのパウダー状にしてしまう方がいます。でも、実はこれも苦味やエグ味が出やすくなる原因のひとつ。

一般的にいわれる挽き具合でいうと、中粗挽きくらいでちょうど良いです。おそらく、ほとんどの人が想像しているよりも数段階粗めで大丈夫でしょう。

新鮮な豆を用意する

Photo by 今野直倫

コーヒー豆も本来は植物なので、野菜と同じで鮮度が命です。具体的にいえば、焙煎してから3週間以内くらいには飲みきるようにしましょう。

コーヒー豆は焙煎から時間が経つと、香りが飛んでしまったり、劣化によって味が落ちてしまったりします。特に粉に挽いたあとは劣化のスピードが速まるので、なるべく豆のままで保存しましょう。
Photos:17枚
テーブルに並んだコーヒー器具
テーブルに並んだコーヒー豆とお湯
コーヒー豆を挽くところ
器具の準備をしているところ
蒸らしている様子
ドリップをしているところ
ドリップコーヒーができたところ
テーブルに置かれたポッド
挽いたコーヒー豆
ガラス保存容器に入ったコーヒー豆
テーブルに置かれたUCCドリップポッドとカプセル
ドリップコーヒーを淹れている様子
テーブルに置かれたアイスコーヒー
テーブルに置かれたカフェオレ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ