「菓子折り」を正しく選んで気持ちを伝えよう!由来や渡し方も伝授♪

ご挨拶や謝罪の気持ちなど、いろんなシーンで渡す菓子折り。いち社会人として必要なマナーでありますが、本来の意味やそこに込められた文化的背景を知っていると更に気持ちを伝えることができます。今回は知っておいて損はない、菓子折りについてのお話です。

2018年1月10日 更新

菓子折りの意味、知っていますか?

取引先へのあいさつや謝罪、お世話になった人たちへの気持ちを伝える際に贈る菓子折り。礼儀を欠くことなく振る舞うために必要な大人のマナーですね。菓子折りには本来どんな意味があるか、知っていますか?

本来の菓子折りの意味を理解し、TPOをわきまえて贈ることで、相手により真摯な気持ちを伝えることができます。菓子折りの選び方や渡し方、おすすめの菓子折りもご紹介するので、実践に役立てていただけますよ。

大人なら知っておきたい菓子折りの意味

菓子折りの「折り」とは?

菓子折りと言う言葉の「折り」とは一体どういう意味なのか知っていますか?これは「折箱」という意味なんです。お菓子がまだ高級品だった時代、人びとは贈答用としてお菓子を重箱に詰めて贈りました。そんなお菓子が身近なものになるにつれ、重箱に詰めていたものを持ち運びしやすい紙の折り箱に変え、贈られるようになったことから「菓子の折り箱」という意味で菓子折りと呼ばれるようになりました。

箱そのもののことも指しますが、中身のお菓子のことや、中身を含めラッピングされたものっ全体のことも菓子折りと呼びます。「折り」という言葉自体は箱のことを指すので、お寿司が折り箱に入ったものは「寿司折り」と呼ばれます。

菓子折りが果たす役割とは?贈る目的に注意

菓子折りはお土産というイメージではなく、気持ちと一緒に手渡すもの。“これからよろしくお願いします”、“お世話になりました”というご挨拶の意味であったり、お詫びの際にも菓子折りを手渡します。

注意しなくてはいけないのは、菓子折りを渡すことが気持ちを伝えるというものではないということ。あくまでも気持ちは言葉や手紙など、自分の言葉で伝えたうえで、菓子折りを贈ることでその気持ちの深さを表すものです。菓子折りを贈ることが目的にならないように気をつけましょう。

シーンによって菓子折りの選び方は違う

1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uni0426

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう