ライチにそっくり!? 果物の女王「マンゴスチン」の魅力に迫る!

白い果肉が美しい南国のフルーツ・マンゴスチン。一度食べれば誰もがそのおいしさの虜になると言われているほど、そのおいしさは世界中の人々に愛されています。特徴やお味、簡単に果肉がいただける皮のむき方などもご紹介しますよ。

マンゴスチンを食べたことがありますか?

マンゴスチンという果物を食べたことがありますか?コロンとかわいらしい形の中にジューシーな果肉が詰まった、東南アジアの果物なんです。以前は冷凍の物しか売られていませんでしたが、2003年に生果が輸入可能になって以来、冷凍のものだけでなく旬の時期には生果が出回ることも増えてきました。

輸入食品を豊富に取り扱う大きなスーパーなどで売られていることが多いようですよ。今回は東南アジア生まれのトロピカルフルーツ・マンゴスチンについて、どんな果物なのか、食べ方なども伝授しますよ♪

東南アジアからやってきたトロピカルフルーツ

マンゴスチンは熱帯・亜熱帯地域でしか栽培されておらず、タイやマレーシア、インドネシアなどの東南アジアで多く栽培されているトロピカルフルーツです。環境が栽培に適していない日本では栽培されていないということで、日本で見かける生のマンゴスチンはすべて輸入されたもの。ほとんどがタイ産なんです。

球形に近い、まるっこい形をしており、皮は木のような硬さと厚みを持っています。皮を剥くと真っ白な果肉がミカンのように並んでいる姿はとても美しいですね。木になる果物で、高さ20mにもなる大きなマンゴスチンの木から収穫します。成熟前には黄緑色だった皮は、成熟するにつれて赤紫色に変化していきます。

マンゴスチンの味はライチとそっくり!

マンゴスチンは別名「果物の女王」。19世紀にマレー半島を支配した、イギリスのヴィクトリア女王が「私たちの領土・マレー半島にはマンゴスチンがあるのに、食べたいときに味わえないのは残念だ」と嘆いたことから、この別名がついたといいます。当時はマレー半島からイギリスまでマンゴスチンを冷凍輸送する技術がなかったのです。

マンゴスチンは糖分が16〜20%と、とても甘みの強い果物です。甘みが強いといってもくどさやしつこさのある甘味ではなく、さっぱりとした甘さとほのかな酸味が感じられます。その味はライチによく似ているのですが、ライチはクニュッとした噛み応えのある食感なのに対しマンゴスチンはもっと柔らかく、果皮にほどよい弾力を感じたのち口の中でとろけていくような食感です。そのおいしさは一度食べたらその人の好きな食べ物の中に仲間入りすると言われるほどなのだとか。

また、マンゴスチンは東南アジアが原産ですが、ライチは中国原産の果物。見た目も違い、ライチは丸い果実で実はひとつのみ入っており、マンゴスチンに比べると薄い皮を手でむいて食べます。味は似ていても違う部分も多々あるんですね。

マンゴスチンはどうやって食べる?皮のむき方伝授します

硬い皮でおおわれたマンゴスチンはどのようにして食べればよいのでしょうか?簡単に食べられる方法をお教えします。マンゴスチンの皮に、水平にぐるりと包丁を入れます。この時皮のみに切り込みを入れ、果実を傷つけないように注意してくださいね。皮に切り込みが入ったら、切込みから上部と下部を逆方向にひねるように回します。すると皮の上部がフタのようにパカッと開くんです。中からまるでお花のような、かわいらしいマンゴスチンの果実が現れますよ。赤紫色の皮と真っ白な果肉のコントラストも美しいです。

包丁やナイフがないとマンゴスチンが食べられないわけではありません。ヘタの部分をグッと果実に押し込むように力を入れると、皮にさけ目が入ります。皮の割れた部分から指で皮をむくと、中の果実を取り出すことができます。果実の中にはひと房ずつ種が入っているので、食べる際には飲み込まないよう注意してくださいね。

店頭になくてもご安心を♪通販でも購入可

なかなか店頭でマンゴスチンに出会えないという人はネット通販で手に入れるのもひとつの方法です。こちらはマンゴスチンが丸ごと冷凍になっており、しかも皮に切り込みが入っているので、包丁がなくとも上下の皮をひねるだけで皮を水平切りすることがでるんです!簡単に実を取り出すことができるというお手軽さは魅力ですよね。

冷蔵庫に入れてゆっくり解凍すると、果汁が染み出ることなくジューシーな果実を楽しむことができます。半解凍の状態でいただくと、シャリッとしたシャーベット状のマンゴスチンが味わえるのもまたよいですね。

女王の魅力に夢中!マンゴスチンを食べよう♪

いかがだったでしょうか?南国からやってきた、美しく甘い果実が魅力のマンゴスチンは、誰もが虜になる至福の味わい。ひとくち食べると口の中に甘い果汁と爽やかな風味が広がり、気分はまさに南国です。店頭だけでなくネットでも購入可能と聞けばぜひ食べてみたくなりますね。

子供から大人まで、誰もが美味しく味わえるマンゴスチンを日常のデザートフルーツの仲間入りさせませんか?美しい女王の魅力にきっととりつかれてしまいますよ。
▼南国フルーツはこの他にもたくさん♪

特集

SPECIAL CONTENTS