ライチにそっくり!? 果物の女王「マンゴスチン」の魅力と食べ方

白い果肉が美しい南国のフルーツ・マンゴスチン。一度食べれば誰もがそのおいしさの虜になると言われているほど、甘みたっぷりなフルーツなんです。今回は味や産地のほかに、簡単に果肉が食べられる皮のむき方などをご紹介します。

南国のフルーツ「マンゴスチン」

赤くて硬い皮に包まれた「マンゴスチン」をご存知ですか?東南アジアの果物で、皮の中にジューシーな果肉が詰まっているフルーツなんです。日本では、見かける機会が少ない「マンゴスチン」。一体どんなフルーツなのでしょうか?

どんな味なの?

マンゴスチンの皮を破ると、みかんのように並んだ白い果肉がでてきます。この果肉はとてもやわらかく、果皮にほどよい弾力があります。マンゴスチンは甘みがたっぷりなので、口の中でジュワーっと広がる甘みを楽しむことができますよ。

マンゴスチンの旬はいつ?

日本では冷凍の「マンゴスチン」しか販売されていませんでしたが、2003年に生果が輸入可能になりました。以来、冷凍のものだけでなく旬の時期にはタイ産の生果が出回ることも増えてたんです。輸入食品を取り扱うスーパーなどでは、5月の下旬から7月ごろにかけて販売されますよ。

マンゴスチンの栽培

マンゴスチンは熱帯・亜熱帯地域でしか栽培されておらず、タイやマレーシア、インドネシアなどの東南アジアで多く栽培されているトロピカルフルーツです。環境が栽培に適していない日本では栽培されていないということで、日本で見かける生のマンゴスチンはすべて輸入されたもの。ほとんどがタイ産なんです。

生のマンゴスチンからとれた種なら日本でも栽培が可能ですが、マンゴスチンは成長が遅く、実ができるまでに5年ほどかかるようです。観賞用として気長に育てるのがベストですね!

マンゴスチンの味はライチとそっくり!?

マンゴスチンは糖分が16〜20%と、とても甘みの強い果物。甘みが強いといってもくどさやしつこさのある甘味ではなく、さっぱりとした甘さとほのかな酸味が感じられます。味はライチによく似ていますが、食感に少し違いがあります。マンゴスチンはとろけるようなやわらかさですが、ライチはクニュッとした少し硬めの食感が特徴的です。

どうやって食べるの?マンゴスチンの食べ方

皮の剥きかた

1. マンゴスチンの真ん中から横にぐるりと包丁を入れます。
(このとき、皮のみに切り込みを入れ、果実を傷つけないように注意してくださいね)

2. 皮に切り込みが入ったら、切込みから上部と下部を逆方向にひねるように回します。

3. 皮の上部がフタのようにパカッと開いたら、中からお花のような果肉を取り出してください

包丁がなくてもOK!

包丁やナイフがないとマンゴスチンが食べられないわけではありません。ヘタの部分をグッと果実に押し込むように力を入れると、皮にさけ目が入ります。皮の割れた部分から指で皮をむくと、中の果実を取り出すことができますよ。果実の中にはひと房ずつ種が入っているので、食べる際には飲み込まないよう注意してくださいね。

通販で手軽に購入可能!

なかなか店頭でマンゴスチンに出会えないという人はネット通販で手に入れるのもひとつの方法です。こちらはマンゴスチンが丸ごと冷凍され送られます。

冷蔵庫に入れてゆっくり解凍すると、果汁が染み出ることなくジューシーな果実を楽しむことができますよ。半解凍の状態で食べると、シャリッとしたシャーベット状のマンゴスチンが味わえて◎

ITEM

冷凍マンゴスチン

1個(重量目安:約70g前後)

¥481 ※2018年10月12日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

女王の魅力に夢中!マンゴスチンを食べよう♪

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

uni0426

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう