意外と知らない「ラムチョップ」とは?意味や食べ方など素朴な疑問を解決!

おいしくて美容に嬉しい成分も含まれていることから注目されているラム肉。よくメニューなどでも見かけるラムチョップですが、何故ラム「チョップ」なの?と思ったこと、ありませんか?今回は、ラムチョップの意味、おいしい食べ方をご紹介します!

ラムチョップってどんな肉?

生後12ヶ月未満の仔羊の骨付きのロース肉を、骨ごとにカットされたお肉のことをラムチョップといいます。生後12ヶ月以上の羊のことは「マトン」といいます。

羊特有の匂いも少なく、柔らかくジューシーな食感で、脂身も適度にのり旨味も強く、グリル調理に向いたお肉です。新鮮なお肉であれば、表面を軽く焼いた状態でもおいしくいただけます。

「チョップ」の意味

何気なく「ラムチョップ」といっているけれど、この「チョップ」とは、一体どんな意味があるのでしょうか?

チョップ(chop)を和訳すると、力強く「たたき切る」、「刻む」、そして厚切りにした「骨付きのロース肉」の意があります。また、ラムとは生後1年未満の羊肉のこと。

以上をふまえると、生後1年未満のラム肉の骨付きのロース肉を、あばら骨ごとに1ピースずつ切り離したお肉のことを「ラムチョップ」と呼びます。

さまざまなミートチョップ

チョップというと、ラムチョップが有名ですが、実はラム肉だけではありません。ではどのようなお肉のチョップがあるのでしょうか?

続いては、いろいろなお肉のチョップをご紹介します!

ポークチョップ

ラムチョップと同じように、豚肉のあばら骨付きのロース肉のことを「ポークチョップ」といいます。

また、豚肉の場合は、お肉自体のことだけでなく、トンカツや生姜焼き用の骨なしの厚切りロース肉や薄切りの肉を使い、ケチャップ風味で味をつけた料理のことを「ポークチャップ」と呼んだりするので少しわかりにくいですね。

ビーフチョップ

英語で骨ごとにたたき切るという意味があるチョップは、ラムチョップやポークチョップと同じように、牛肉でも「ビーフチョップ」と呼ばれることがあります。

牛肉に関しては、トマホークステーキとして一般的な「骨付きリブロース」(リブアイともいわれます)がラムチョップに近い部位にあたり、肉質は柔らかく、赤身と脂身どちらのおいしさも楽しめる部位となっています。かたまりの状態から時間をかけてローストしたものは「プライムリブ」と呼ばれ、専門店もあるほどです。

ちなみに、仔牛の場合は「チョップレディ」ともいわれ、グリルやローストのほかに、カツレツなどの料理も有名です。

「ラムラック」と「ラムチョップ」の違い

ラムチョップと似たようなお肉で「ラムラック」と呼ばれているお肉があります。ラムチョップとラムラック、一体何が違うのでしょうか?

「ラムラック」とは、ラムチョップのように小分けにせず、かたまりのままの背骨つきのお肉のことをさしています。

BBQで豪快に焼き上げたり、オーブンでじっくりグリルするのがおすすめの調理法です。見た目も豪華なのでパーティーの際など、人が集まる際には、単体のラムチョップよりラムラックのまま調理したほうが、よりラム肉のうまみも逃さず楽しめます。

おすすめのラムチョップの焼き方

飲食店だけではなく、スーパーや通販でも手軽に購入できるようになった「ラムチョップ」を、せっかくならご自宅で料理してみませんか?

いつもよりちょっと豪華なディナーやパーティーの際にもおすすめの、おいしいラムチョップの焼き方やベストマッチする香辛料をご紹介します!

ラムチョップのローズマリー焼き

ラム肉特有の香りが気になる方は、下準備の段階で自然のハーブと香辛料を使ったローストのレシピがおすすめです。

こちらのレシピでは、さまざまな肉料理と相性抜群のローズマリーを使い、ラムチョップの香りを抑えるだけでなくハーブ独特の香りで食欲もそそられます。

そのままでもおいしくいただけますが、お好みでソースを加えても楽しめるレシピです。

ラムチョップのガーリックハーブパン粉焼き

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

mimi212

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう