トラットリアって?イタリア料理の「お店の呼称」を知って美食家になろう♪

イタリア料理にある「トラットリア」「オステリア」「バル」などの呼称がついたお店の本当の意味を知っていますか?実は、この呼称である程度の予算、雰囲気が分かるようになっているんです。ここでは呼び名やメニューの意味についてご紹介していきます。

2018年2月28日 更新

イタリア料理店、看板に着目!

今は街を歩けばあちこちにイタリア料理店を目にすることができますね。看板には、店の名前と一緒に「ristorante」(リストランテ)とか、「trattoria」(トラットリア)、「osteria」(オステリア)など付いています。何気なく見過ごしがちなこのメッセージ性、本当の意味を知っていますか?

これは、日本でも料亭、割烹、食堂などと店の規模や格式、雰囲気などを表す際の呼び名があるように、イタリア料理店でもかかせないワードなんです。ここでは、イタリア料理店の呼称をまとめてみました。外食の多くなるパーティシーズンに、是非お役立てください。

トラットリアは「大衆向け」レストランのこと

お店の看板と一緒によく目にする「trattoria(トラットリア)」とはイタリアでは大衆向けの雰囲気を持つ家庭的なレストランの形態を指しています。よく通っているイタリア料理店はありませんか?比較的リーズナブルでドレスコードもないお店、看板にトラットリアという呼称がついているかもしれません。

他にも、高級なグレードのお店はリストランテ(ristorante)と呼ばれたりします。しかし日本ではリストランテ並みのコース料理にドレスコードがあるお店をトラットリアと称することもあり、その違いを厳格に定めているわけではありません。ある程度はオーナーのセンスやメッセージ性、目指す方向性などをふまえて付けられていることも多いようです。名前の由来を知っていると事前にお店のタイプがある程度分かるのでお店選びのひとつの指針になり楽しいですね。

ビストロやバルの違いって?

イタリア料理店には、トラットリアの他にもまだまだ沢山の呼称があります。高級店から喫茶まで、その呼称とどんなお料理が出されるのか詳しく見ていきましょう。

リストランテ

イタリア語ではレストランという意味になります。イタリアレストランの中でも一番高級な位置づけになっており通常コース料理で注文します。高級ワインも揃い、予算が高めに設定されている上にドレスコードがあるお店が多いのでジーパンやサンダルなどラフな格好での来店は難しくなっています。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ako0811

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう