ベルリンのB級グルメ「カリーブルスト」ってなに?日本でも食べられる!

「カリーブルスト」をご存じですか。ドイツで根強い人気を誇るファストフードです。作り方はとっても簡単で、クセになる味わい。お家で簡単に作れるレシピから、日本でも本場の雰囲気を味わえる専門店までご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

カリーブルストってなに?

「カリーブルスト」とは、日本語で「カレーソーセージ」という意味で、ドイツのベルリンでは名物とされている、有名なB級グルメです。屋台やファストフード店のようなイメージのショップで購入し、食べ歩きするのが本場ドイツ流。カレーのスパイシーな香りが漂い、食欲を刺激されるひと品です。

作り方が簡単すぎる!

材料は、ソーセージとケチャップ・カレー粉をベースとした調味料。表面を軽く焼いたソーセージの上にケチャップとカレー粉をまぶして作ります。お店によっては、カレーソースにカレー粉をまぶして作るのだとか。とっても単純な料理で、ドイツではどこでも食べることができ、大衆食として根強い人気があります。

「カリーブルスト」のルーツは?

ベルリンやハンブルク、ルール地方が発祥の土地とされますが、カリーブルストの起源は諸説あります。ベルリンでは屋台の女性店主が、客足の遠い雨の日に材料を混ぜ合わせてできたというのが定説です。ルール地方では、ソーセージ店の店主が、カレー粉をケチャップに落としたことから発明されたとも言われていますよ。

カリーブルストの基本レシピ

フランクフルトソーセージを焼き色がつく程度に焼き、ソースやみりん、カレー粉で炒めます。あとは上からケチャップとカレー粉をかければできあがり!合わせ調味料で炒めることで、ソーセージに味がなじんでおいしいですよ。

本場流「カリーブルスト」食べ方

「カリーブルスト」を頼むと、付け合わせの定番があります。「ブレートヒェン」と呼ばれる小さなパンやフライドポテトが一般的です。ブレートヒェンに挟んで出す店も多いのだとか。パンに挟むと見た目はホットドックに似ていますね。

フライドポテトには、独特の酸味の少ないクリーミーなマヨネーズがかけられていて、クセになるそうですよ。

どこで食べられるの?

本場ドイツでは、インビススタイルで「カリーブルスト」をいただきます。インビスとは、軽食スタンドのことで、日本でいうところの屋台やファストフード店のようなイメージです。ドイツの街を歩くと、至る所にインビスがあり、手軽に屋外飲食が楽しめるのだそう。

ドイツといえばビール!スパイシーなカレー風味のソースが、ドイツビールとよく合いそうです♪

日本でも神戸元町に専門店があった!

国内では、神戸元町に日本初のカリーブルストの専門店があります!そのお店は「imbiss カリーブルスト 神戸元町」。JR神戸線元町駅から南へ5分ほど行った辺り、大丸神戸店にほど近いところにあります。
お店はドイツの国旗がはためくオシャレな外観。店内は10席と少しコンパクトですが、屋外にもテーブルがあります。気候のいい時期はドイツのインビス風に外でいただくのもいいですね。こちらのお店で使用されているソーセージは、すべてドイツで製造された直輸入のものというこだわりです。

カリーブルスト&ポメスセット

ソーセージは、皮なし白ソーセージ「ゲシュウォレネ」とスモークの「リーゼンボック」の2種類です。ソースは、カリースタイルとトマトスタイルの2種類から選べ、お好きな組み合わせでいただきます。お店のおすすめは、白ソーセージとカリースタイルソースの組み合わせだそうです。

ドイツ直輸入のソーセージと、初めは甘めで後から辛さがくるカレーソースの組み合わせがクセになりますよ。また、付け合わせのポテトにかけるマヨソースが、本場ドイツのものにとても近いと評判だそうです。

店舗情報

■店舗名:imbiss カリーブルスト 神戸元町
■最寄駅:神戸市営地下鉄旧居留地・大丸前駅 徒歩30秒
■住所:兵庫県神戸市中央区三宮町3-2-7
■電話番号:078-333-7636
■営業時間:11:00~21:00(ランチ:11:00〜15:00 ※日祝等は除く)
■定休日:不定休(詳細はHPにて)
■禁煙・喫煙:完全禁煙
■参考URL:https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28024132/
■公式HP:http://www.currywurst.jp

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう