ライター : milkpop

栄養士 / 製菓衛生師

「読み物として楽しい記事」をモットーに、情報を正確におもしろくお伝えできるよう日々研究中です。「食」の楽しさやおいしさが、たくさんの人に伝わりますように!

カルディで「カフェオレベース」発見!

Photo by milkpop

コーヒーでおなじみのカルディ(KALDI)から、オリジナル商品「カフェオレベース(CAFE au LAIT BASE)」が登場しました! カルディオリジナルということは、いちいちコーヒーを淹れなくてもあの本格的なコーヒーが味わえるということなのでしょうか……?カルディのコーヒーと飲み比べてみたので、実食レビューでご紹介します!

パッケージはコーヒー豆とそっくり

Photo by milkpop

500ml 398円(税込)
パッケージはカルディオリジナル商品なだけあって、量り売りされているコーヒー豆とそっくり!新商品とはいえ、おなじみのヤギさんがいるとなんだかホッとしますね。

Photo by milkpop

公式によるとこのヤギさん、エチオピアの物語にでてくるヤギさんで、食べている赤い実はなんとコーヒー豆なのだそう。し、知らなかった……。なんの気なしに見ていましたが、意外に深いストーリーがあったんですね。

Photo by milkpop

ヤギさんはエチオピア産ですが、カフェオレベースに使用されているコーヒー豆は、ブラジル産100%。材料はコーヒーとお砂糖、カラメル色素のみと至ってシンプルです。 余分なものがほとんど入っていないということは、カルディのコーヒー本来の味わいに近いということでしょうか?期待に胸を高鳴らせつつ、さっそく作ってみました!

カフェオレベースでカフェオレを作ってみた!

Photo by milkpop

パッケージによれば、カフェオレベースは3倍希釈用の商品とのこと。アイスで飲んでもOKだそうですが、今回は飲み比べるためホットで作りました!

材料

・カフェオレベース……50cc ・牛乳……100cc

作り方

Photo by milkpop

1. 耐熱カップにカフェオレベースを注ぎます。

Photo by milkpop

2. 牛乳を入れてよくかき混ぜます。
3. 電子レンジ600wで1分ほど加熱したらできあがりです。

マイルドカルディとの味の差は……?

Photo by milkpop

カフェオレが完成したところで、いざ飲み比べ開始!左が濃いめに抽出したマイルドカルディで作ったカフェオレで、右がカフェオレベースで作ったカフェオレです。 ちなみにマイルドカルディとは「カルディの店頭で配られているあのコーヒー」のこと。うーん、見た目はだいたい同じですが……しいていうなら、カフェオレベースのほうが少し色が濃いでしょうか?この差が、味にどれほどまでに影響があるのか気になるところです。

Photo by milkpop

まずは味を再確認すべく、マイルドカルディからひと口! 口に含むと、ふわ~っと広がる挽きたての豆の香り。ミルクがたっぷり入っているので、苦みはまろやかで酸味も控えめです。 うん、これこれこの味!砂糖は小さじ2杯入れたのですが、このくらいが店頭で配られている味に近いかもしれません。改めて飲むと「やっぱりマイルドカルディっておいしいなぁ……」としみじみ感じますね。

Photo by milkpop

さて、マイルドカルディのおいしさを忘れないうちに、お次は本命のカフェオレベースをゴクリ! ……え、えええ、味がぜんぜん違う!? 甘みも、ミルクも、コーヒーも、さっきとは段違いに濃い!こっちを飲んでしまうと、さっきのはただの「ミルクを入れたコーヒー」に思えてきちゃうくらいインパクトの強い味です。

Photo by milkpop

こ、これはもはやまったくの別物……。筆者のように「カルディのコーヒー♩」とルンルン気分で飲むと、正直肩透かしをくらうかもしれません。これはこれでおいしいけど、なんか想像してた味と違う……! さすがに香りは挽きたてにはかないませんが、コクはカフェオレベースの圧倒的勝利。コーヒーの代替品になるかと問われれば、味の方向性が違いすぎて判断しがたいですが、濃厚カフェオレ好きでしたらきっと気に入るはず。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS