おつまみの定番「あたりめ」とは?するめとの関係も気になる!

イカを乾燥させて作る「あたりめ」。おつまみの定番として親しまれていますが、そもそもあたりめとはどのような食べ物なのでしょうか。今回は、その名前の由来や「するめ」「さきいか」との違いなど、あたりめについてのアレコレをまとめてみました。

2017年9月22日 更新

「あたりめ」とは?するめとの違いは何?

マヨネーズと七味を合わせた特製七味マヨネーズをつけて食べる、おつまみの定番「あたりめ」。居酒屋で、ビールとともにオーダーする方も多いのではないでしょうか。今回は、そんなあたりめについてご紹介!

「あたりめ」と「するめ」

そんなあたりめですが、皆さんはあたりめとするめの違いをきちんと説明できますか?一見するとどこが違うのか分からず、判断がつきませんよね。

それもそのはず、あたりめとするめは同じものなのです。どちらもイカを内臓を取り除き、乾燥させたもののことをいいます。ではなぜ、別の呼び名があるのでしょうか。

名前の由来

「あたりめ」と「するめ」というふたつの呼び方が存在する理由は諸説ありますが、そのひとつにするめの「する」が損をするという意味でネガティブな印象であることから、「する」を「あたり」に変えて「あたりめ」という呼び名が生まれたという説があります。

あたりめ(するめ)の原料となるイカは、日持ちの良い食品で幸せが長く続くことから、結納などの儀式の場では欠かせないものでした。ネガティブな印象ではお祝い事に使いづらいため、「あたりめ」という名前が普及したんですね。

あたりめとさきいかは同じ?

では、「あたりめ」と「さきいか」は違うものなのでしょうか?

結論からいうと、違うものです
あたりめはそのまま、さきいかは裂いてあるという大きな違いがありますが、ほかにもあたりめはイカをそのまま炙って乾燥させているのに対し、さきいかは味をつけてから炙るという点も違います。

味をつけてから炙り、その後裂いてから再度味をつけているのがさきいかで、しっかりと味がついていることが特徴です。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう