ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

フランスの高貴なお酒「コニャック」とは

コニャックとは、フランスのコニャック地方で作られたブランデーです。この地方で作られたものでなければ、コニャックとは呼びません。また、製造方法もしっかりとした決まりがあり、定められた作り方をされたものをコニャックと呼びます。 コニャックは、銅で作られたポットスチルという器具を使い作ります。蒸留をおこない、フランス国内産のオーク樽で熟成されます。2年以上熟成期間を設け、アルコール度数40%まで希釈したものがコニャックとして販売されています。

使用するブドウの種類にも決まりが

コニャック地方ではない地方で作られたブランデーは、コニャックではありません。また、コニャックは使用されるブドウが限られているのも特徴です。 全体の10%未満であれば、そのほかのブドウ品種が使用も認められているようですが、使われるブドウは「フォル・ブランシュ」「ユニ・ブラン」「コロンバール」の3種類が基本です。

ブランデーの三大産地とそれぞれの特徴

フランスにはブランデーの三大産地があります。コニャック、アルマニャック、カルヴァドスの3つです。ここでは、コニャック以外のふたつについて紹介しましょう。

アルマニャック

アルマニャックは、フランスのなかでも南西部に該当。このアルマニャック地方で作られたブランデーを、アルマニャックと呼びます。コニャックとともに、とても有名なブランデーのひとつです。 コニャックとの違いは、コニャックは2回蒸留しますが、アルマニャックは連続式蒸留器で1回の蒸留をおこない、カシの樽で熟成させること。

カルヴァドス

カルヴァドスはフランスのノルマンディー地方で造られたブランデーです。カルヴァドスの原料になるのは、ブドウではなくりんご。そのことから別名をアップルブランデーとも呼びます。 また、カルヴァドスの種類によっては、西洋梨を使用することもあるとか。原料を発酵させ、最低でも5年間は熟成させる特徴を持ちます。熟成させたあと、2回の蒸留をおこなったものが、カルヴァドスとして市場に出回るようになります。

熟成年数を表す「コント」

ひとつのブランデーであっても、「VSOP」「XO」 などさまざまな違いがあります。これは「コント」と呼ばれ、ブランデーの熟成年数を表すものです。 コントは、コニャックブランデーやアルマニャックブランデーを対象に決められています。コニャック事務局やアルマニャック事務局が基準を決定。VSOPよりもXOは熟成年数が長いことを表しています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS