ローディング中

Loading...

ぶどう特有の甘い香りと琥珀色のグラッパ。専用グラスやデザインボトル、楽しめる部分の多いお酒ですが、日本での知名度はまだまだです。イタリアでは、食後酒として飲まれている非常にポピュラーなお酒。グラッパの由来やおいしい飲み方をご紹介します♩

イタリアのお酒「グラッパ」とは?

イタリア料理店などのアルコールメニューで、たまにみかけるグラッパ。皆さん、飲んだことはありますか?最近はリーズナブルなイタリアンでお馴染みの、ファミリーレストランなどでも提供されるようになり、以前より少し身近になりましたね。

そんなグラッパですが、まだまだ知らないことが多くあります。グラッパはぶどうの搾りかすから作られていますが、詳しいことはわからないことばかり。そこで、グラッパのおいしい飲み方やおすすめ銘柄などを調べてみました。

グラッパについてたっぷりとご紹介します!

グラッパとは

グラッパはブランデーの一種として考えられています。ブランデーもぶどうから造られますが、グラッパはワインを造る際に出る、ぶどうの「搾りかす」から作られるのが特徴です。搾りかすと言っても、ぶどうの皮、種、実の残りや果軸、果汁や中にはワインの残りなども含まれます。

この搾りかすを蒸留させて作るため、瓶詰めされてすぐに出荷されるものは無色透明の色合いです。最近はオークやサクラなどの木樽で熟成させることで、ブランデーのような色合いを持つグラッパも増えてきています。

グラッパの始まり

グラッパの起源については諸説ありますが、グラッパが流行りはじめたのは10世紀以降と言われています。その頃のヨーロッパでは、ぶどうを原材料としたワインは貴族や地主などの上流階級しか飲むことができない高級品でした。

ワインの原料であるぶどうを栽培する農民は、自分たちのぶどうから出来たワインを飲むことはできず、ぶどうの搾りかすは畑の肥料としていました。貧しい人々はこの搾りかすに水を加えたものを飲んでいたと言います。

いつしか農民たちは、貴族がワインから蒸留酒を作るのを真似て、搾りかすを蒸留してお酒を作るようになりました。これがグラッパの始まりです。

15世紀にはすでにイタリアのフリウリ地方から、オランダにグラッパを輸出していた記録が残っています。とても歴史のあるお酒で、庶民に親しまれていたことがわかりますね。

グラッパとブランデーの違い

日本では「粕取りブランデー」と呼ばれることもあるグラッパ。まず、ブランデーとは一体どんなお酒を指すのでしょうか。

ブランデーとは

広い意味では、フルーツが原料の蒸留酒全般を指します。りんごのブランデー、なんて言葉もたまに聞きますよね。一般的には「ぶどう」を原料とする蒸留酒のみを指します。ぶどう以外のフルーツが原料のブランデーは、「フルーツブランデー」と呼んで区別をすることが多いです。

主に白ぶどうのワインを蒸留して木樽に入れ、5~8年熟成して造られます。アルコールは40弱~50度程度と高く、種類によっては25年以上熟成させるものもありますね。

フランスのコニャック地方やアルマニャック地方で生産が始まり、この地方のブランデーはルイ14世の時代から法律で厳密に保護されています。そのため、「王侯の酒」として、現在でも高級品として取り扱われています。

日本でも親しみのあるブランデーは、香り高く優雅な気分になれるお酒です。時間をかけてくつろぎながら飲むお酒として愛されています。

フランスでは「マール」

一方のグラッパを含む、ワイン醸造後にできる、醗酵後のぶどうの残りかす(ポマース)を蒸留したお酒を「ポマース・ブランデー」と呼びます。

フランスでは「マール」(英語ではマール・ブランデー)と言い、「つぶす・砕く」を意味する単語(marcher)から派生しました。また、マールは搾りかすそのものを指す場合もあります。フランスのワイン同様、シャンパーニュやブルゴーニュ地方で作られたものが評価が高いとされていますが、生産量はラングドック地方が6割を占めています。

グラッパのアルコール度数

30〜60度

グラッパは蒸留させてつくるお酒のため、ワインなどの醸造酒と比べると、必然的にアルコール度数は高くなります。市販されているグラッパの多くは40度前後が平均的なようですが、ものによっては30度、中には60度になるものも存在します。かなりアルコール度数が高く、飲む際には量の加減が必要ですね。

アルコール度数の大きな開きは、グラッパの原料である、ぶどうの搾りかすが白ワインのものか赤ワインのものかで、あらかじめ含まれるアルコールの度数が違うためです。また、蒸留の過程や作り方にも差があるためだと考えられています。

ちなみにイタリアで「グラッパ」と表記できるのは、搾りかすだけをそのまま蒸留した場合のみ。糖分を加え、再醗酵したものは「アクアヴィーテ・ヴィニカ」となります。そして、搾りかすにワインも加えて蒸留したものは「アクアヴィーテ ディ ウヴァ」と表記するよう定められています。

その他蒸留酒と比べると?

高いアルコール度数を誇るグラッパは、リキュール(蒸留酒にフルーツやハーブを加えた混成酒のこと)を作る際にも用いられます。

白ワインを蒸留させて作るブランデーは40度。同じく、白ワインから作られるお酒で、アルコール度数が高いと思われているシェリー酒は、実はワインの一種で20度前後が中心です。

また、スピリッツとして名高いテキーラやウォッカは、アルコール度数の規定の幅が広いのですが、一般的には40度前後とされています。これらのお酒とひけをとらないアルコール度数の高いグラッパ、日本で「火酒」と呼ばれる由縁です。

グラッパの飲み方

グラッパについてだいぶよくわかってきましたね。まだ馴染みのない方も安心して飲める、グラッパの飲み方を調べてみました。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スイーツ カフェ まとめ

秋といったら栗スイーツ!モンブランやマロンクリームなど、ほっこり甘い味わいが魅力的ですよね♩今回はパブロやジョエルロブションなど、有名なブランドの商品を7つ集めてみました♩詳しくご紹介するので、ぜひチェックし…

レシピ まとめ

バルサミコ酢を使うだけで、一気に本格的なフレンチのようになる!?今回は、バルサミコ酢を使ったソースの簡単レシピのご紹介です。これだけで本格的になるなら、絶対に試すべき!読んだらあなたもすぐに試したくなる、人気…

まとめ

2017年、おいしい秋がスタバに到来!かぼちゃや栗をたっぷり使ったスイーツを始め、ボリューム満点な新作フードも見逃せません。昨年大好評だった"あのメニュー"も復活……?スタバファンもそうじゃない方も、今年の秋…

ジョニーウォーカーというウィスキーブランド、聞いたことありますか?ウィスキー好きの間ではポピュラーなスコッチウィスキーの名品です。しっぽり飲みたいときは、ウィスキーがベスト!色々な種類をゆっくり味わってみては…

レシピ まとめ

「舞茸」といえば、秋が旬の食材の1つ。今回は舞茸を使ったさまざまなレシピをご紹介します。お肉・魚介類・お米などたくさんの食材と相性抜群!また冷凍保存も可能なので、いつでも食べられます。パスタやスープにご飯もの…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ドリンク フルーツ ピザ まとめ

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

ワイン 居酒屋 まとめ バー

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人…

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

世界には星の数ほどの映画がありますが、中にはコーヒーをテーマにしたものも数多くあります。その中から、厳選して「6」作品ご紹介しますので是非ご覧ください♫

バター まとめ

バター不足で、スーパーの棚からバターがなくなったという話も耳にしますが、バターの代替えになる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバターの代わりになる食材についてご紹介します。手作りバターの作り方もあ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る